<   2018年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

どうなる?!無償化

d0339894_22022841.jpg

明日、1月26日(土)の「細川珠生のモーニングトーク」、

ゲストは、元東京オリンピック・パラリンピック担当大臣の

遠藤利明さんです。

遠藤さんは、現在、

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長代行の

職にあられますが、

お聞きしたのは、教育改革について。

遠藤さん、教育改革の本質をよくよく理解されています。

その中で、

大学教育・幼児教育の無償化、

教員の質的向上、

義務教育の改革、

高等教育の在り方などについて

お聞きしました。

私にとっても、とても興味ある内容です。

明日、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です!

要・仕事のやりくり


d0339894_07434837.jpg
     (4年前の東京の大雪。自宅からの景色!)


首都圏で大雪の予報が出ています。

さて、働く母は、これからいろいろなケースを想定しなければなりません。

・部活も含め、息子の学校の下校が早まるかも。

・電車が止まるかも。

・駅からの道が雪道になるかも

・明日、休校になるかも、

・もしくは登校が遅れるかも

以上の可能性の中で、場合によっては仕事の調整が必要になります。

雪だと首都圏の公共交通機関は大打撃を受け、

子供の状況に関わらず、

通勤・帰宅も難儀を極めます。

仕事の調整が必要な状況は誰にでも起こり得ますが、

特に子供がいると、子供の安全の確保が第一と思っています。


インフルエンザによる学級閉鎖や

子供自身が罹患する恐れ、など、

この時期、母親は綱渡りのような気持ちで

過ごしています。

どうか、職場の皆様の間で、そして社会全体で、

こうした状況に、ご理解を頂けると嬉しいです。

ひとまずは、今日、

本当に大雪になったら、

どの方にとっても安全第一ではありますが、

特に、子供がいる家庭のお母さん(お父さん)には、仕事を早く切り上げ、

帰らせてあげて欲しいです。

よろしくお願いいたします。

そして状況次第では、

明日も無理のない出勤にご理解を頂ければと思います。


希望の党のこれから

d0339894_22490774.jpg

明日の「細川珠生のモーニングトーク」

ゲストは

希望の党 幹事長の 

古川元久さんです。

統一会派結成の動きがありましたが

ひとまずそれはなくなりました。

また「分党」などという話もあります。

こから希望の党は、どうしていくのか、

伺いました。

明日朝7時5分より、ラジオ日本で放送いたします!

ガラシャの大河ドラマ誘致イベント


本日から25日(木)まで

東京スカイツリー 5F 出口フロア『Beautiful NIPPON』コーナーで、

細川ガラシャ・明智光秀・細川忠興・細川藤孝を主人公とする

NHK大河ドラマ誘致推進のための

PRイベントが開かれます。

私も期間中(全てではありませんが)、会場に参ります。

女性の生き方としても注目されるガラシャの

大河ドラマ化をぜひ応援してください!


スカイツリーには、私が理事を務める千葉工業大学の

サテライトキャンパスもあります。




最先端のロボットや機器があり

実際に操作してみることもできます。

合わせてお訪ねいただければと思います!!

個人消費を上げるには

d0339894_07073034.jpg


ラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」、

13日(土)のゲストは

元内閣府副大臣(経済担当)、自民党衆議院議員の

後藤田正純さんでした。

安倍政権の経済指標、

株価上昇や、円安の評価はあっても、個人消費の数値はずっと上がりません。

ずっと上がらないどころか、

昨年10月の個人消費支出(2人以上世帯)は28万2872円で、

安倍政権発足時の2012年12月の32万5492円より下がっているのです。

さて、9月の自民党総裁選出馬もささやかれる石破茂さんの派閥にいる

後藤田さんが、国民生活に直結する個人消費を上げる政策について、

どのように考えているか、ぜひお聴きください。

今日まで、ラジコで視聴できます!



少子化

d0339894_10000884.jpg
Hanakoママでの連載「子育て政治」、

2018年1月号は、

「少子高齢化」をテーマに書きました。

読者層はママが中心でですが、

毎日一生懸命子育てしているけれど、

日本社会全体は、どんどん、どんどん人口が減っていっています。

毎年、40万人も!

これから先も、この傾向は変わらないでしょう。

今、日本で起きている人口現象の変化を

知った上で、

子供たちはどんな社会を生きていくのかを

考えて欲しいと思い、このテーマを選びました。

Web版がアップされたら、ぜひ多くの人にも

読んでいただきたいです。



元国連大使のご経験

d0339894_15152263.jpg

月刊「Her Story」2018年新春号で、

元国連大使の大島賢三さんと対談いたしました。



広島のご出身で2歳の時に被爆された大島元大使は、

終戦、つまり広島への原爆投下から16年後の1961年、

高校生の時に米国留学されました。

「ミネソタ州の大田舎だったので・・・」

広島出身の日本人が来る、ということが全く話題にならなかったという

ことではないようですが、

初めて日本人を見るという人もたくさんいるというような町で、

貴重なご経験をされたお話をお聞きしました。

また、大学時代には英国留学をされ、

その後、外交官となられましたが、

「多様性」を理解することは、

どんな仕事に就いても必要なこと、

それは若い頃に海外経験をして身に付けることが有意義だと

仰います。

でも海外留学は、たくさんに人に経験してほしいけれど、

誰にでもそのチャンスがあるとは限りません。

そこで、大島元大使の出身地である広島県が行う

「グローバル未来塾」では

県内の高校生を毎年20名強選抜し、

週末を使った1年間のプログラム、

最後はフィリピンでの海外研修を行うという事業に

大島元大使は、塾長として関わっておられます。

そんなお話をあれこれとさせていただき、

掲載は2回にわたって行うことに。

今回は前編です。


やっと…

d0339894_22445717.jpg

やっと・・・

年末年始にため込んでいた新聞を読破。

毎日欠かさず、目は通していましたが、

「ざっと」読む日も多く、

今日は、やっと落ち着いて読む時間ができました。

新聞には、お正月気分も吹っ飛ぶような内容の報道が多かったように思います。


そして、

やっと・・・

明日から学校も再開されます。

期末テスト後の12月9日から実質お休みに入ったため、

ちょうど一か月の冬休みでした。

長い・・・。長すぎです。

元気に乗り切れたことは救いでしたが・・・

なんて長いのだろう、一体、学校とは何なのだろうと

考えずにはいられませんでした。

三学期は、インフルエンザとの闘いですね。

子供がかかる、学級閉鎖になる・・・

色々乗り越えなくてはならない中での仕事ですが、

一つ一つ、誠実に、頑張っていきたいと思っています。










櫻井よしこさんと考える、これからの日本


d0339894_16080057.jpg



内外ニュース発行の週刊「世界と日本」新春号で、櫻井よしこさんのインタビューを行いました。

2018年の日本をどう考えるか、

中国の膨張主義を懸念する国際情勢から、

高齢社会の日本で、

いかに老後を生きるか、

介護生活に真っ只中の櫻井さんと私の

それぞれの経験から考えるこれからの日本人の生き方について、

お話させていただきました。

https://www.naigainews.jp/2018新春インタビュー/



新年

d0339894_21133586.jpg
今日が仕事始めの人が多いと思いますが、

今日、明日とお休みすると三連休をはさみ、

9日から、という人も今年はいるようです。

休める時に休む、大事なことですね。

主婦の年末年始は、むしろいつもより忙しく、

「一体、いつ、休めるの?」といつも思います。

私は、このお正月、かつて、

ポスターやパンフレットに出ていたスキー場に、

家族で行くことができました。

懐かしい光景、撮影秘話、

ちょっと自慢気に息子に話をしながら、

その時から約30年経った、この間の、色々なでき事を思い出し、

つくづく、時の経つ速さを改めて感じていました。

そう、時は、あっという間に過ぎていくのです。

少子高齢化、

科学技術力の国際競争力の低下や、

日本の誇りでもあった、誠実で倫理観の高い企業文化の減退、

子供の貧困を誘発する家族の崩壊など、

今の日本には、

早くに手を打たなければならない問題が山のようにあります。

政治ジャーナリストの仕事は、

実態があるような、ないような、

何が成果で、何をすれば成功なのか、よくわからない仕事だと

時々、思います。

でも、一つだけ言えること、

それは、今、私が育ている子供(たちの世代)に、

「きちんとした未来を残すこと」(また「きちんとした」ということも

抽象的ですが・・・)、そのために、日々邁進する。

時には「刺さるような」厳しい意見も、

政治に、政治家に、直言し、そして世論にも訴えていかなければならない

と思っています。

今だけ、自分の時代だけ、何とか生きられればよい、のではないのです。

時はあっという間に過ぎていくので、

政治は時間との勝負です。

私は、この姿勢を崩さずに、

今年も、日々努力をしていきたいと思っています。

みなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.