タグ:教育 ( 10 ) タグの人気記事

出演情報

本日も、出演させていただきます。

よろしくお願いいたします!!



座談会

d0339894_11064818.jpg

停滞している政策の一つ、

エネルギー政策。

原発の再稼働が難しい現状ではエネルギー自給率はなんと6%にまで下がっています。

朝鮮半島情勢に絡んで、アジア太平洋の情勢も万全でないことを考えると、

私の命綱でもある電気、その原料を輸入に依存していることは、

まず、国民の生命、財産が危険にさらされるということになります。

そんな観点からも、エネルギー問題は非常に重要。

ジャーナリストの櫻井よしこさん、
東京工業大学助教 澤田哲生先生と

「世界と日本」5月1日号で、対談しました。
ダイジェスト版が
↑サイトからご覧になれます。



こども保険

私は「こども保険」の導入には、賛成していません。

その理由を、本日付、「フジサンケイビジネスアイ」のコラム

『高論卓説』に書きました。

「こども保険は、教育向上につながらず」
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170420/mca1704200500002-n1.htm

ぜひ、ご一読ください。



「新たなスタートをきる人たちへ」

d0339894_09173397.jpg
本日の産経新聞オピニオン面(7面)の「解答乱麻」に

掲載されています。

『新たなスタートをきる人たちへ」
http://www.sankei.com/life/news/170412/lif1704120016-n1.html

ご一読ください。


「ゆとり」か「脱ゆとり」か

産経デジタルのオピニオンサイト「iRONNA」に

「脱ゆとり教育」をテーマにした原稿が掲載されました。

「『脱ゆとり』でも変わらない 子供の基礎学力が消えてゆく」
http://ironna.jp/article/3612

今回の参院選で、全く関心を持たれていない教育問題。

今の子供たちの教育の一端を知るうえで、

ぜひご一読ください。

大学入試改革

d0339894_11471814.jpg
「Hanakoママ」での連載『先生教えて!~社会科』第6回は、

「大学入試改革」についてです。

まだ最終案は出ていませんが、

どんな方向で改革をしているかは

おおかたわかってきたので、それを書いています。

≪適齢≫の子を持つ親としては、

とっても気になることですね~009.gif


連載第四回

d0339894_12592785.jpg

「Hanakoママ」での連載「先生教えて!」の第四回は、

今年4月からできる「義務教育学校」についてです。

昨年、学校教育法が改正され、義務教育を行う学校として、

小中一貫教育を行う「義務教育学校」が各教育委員会の判断によって
設置できることになりました。

私が教育委員として携わった品川区の小中一貫校は、
これまで文部科学大臣に届け出て、特例校として設置していましたが、

これで、法律の裏付けを得て、品川区の判断で設置できることになったのです。

品川区での取り組みが、国の制度を変えたということでもあります。

その背景になる根拠と考え方をぜひ読んで理解していただきたいです!



セミナーで講演

d0339894_22244284.jpg


12月3日(木)の夜、参議院議員で、内閣総理大臣補佐官の衛藤晟一さんのセミナー
「えとうせいいちと明日を語る会 2015 Winter」で、

『次世代のための教育と憲法~女性の活躍と家庭の役割の中で」

というタイトルで講演をさせていただきました。


よくある政治家のパーティーとは違い、セミナー形式で、

全国から集まった「衛藤ファン」が、メモを取りながら熱心に聴いてくださいました。


衛藤先生は、先の大戦で日本のために命を捧げながらいまだそのご遺骨が帰国してない「遺骨収集」や、

障害児政策について、熱心に取り組まれています。

特に遺骨収集については、まだ帰国できないご遺骨が130万柱ある中で、

ご遺族も高齢化し、なかなか難しい問題となってきましたが、様々な対応策をとられながら取り組んでいらっしゃいます。


d0339894_22231921.jpg
先人たちの犠牲の上に今の日本があることを考えれば、先人を弔い慰霊することは、特に政治家としてとても大事なこと。
r>
戦争で犠牲になった人、ひとりひとりに思いを寄せることができる、
尊敬すべき政治家です。

第二次安倍政権発足依頼、総理補佐官を務められていることからも、総理の信任の厚さを感じます。

連載第三回

d0339894_23130793.jpg


Hanakoママでの連載「教えて!先生」の第三回が掲載されました。
テーマは「5歳児の義務教育化」。

新しい副大臣に期待


先週の後半からブログのお引越しのため、
投稿ができませんでしたが、

私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

この度、第三次安倍改造内閣で文部科学副大臣に就任された

義家弘介さんでした。

d0339894_11515414.jpg

義家副大臣とは、同世代、子供も同世代、お互い教育委員の経験アリなど

教育への思いや考えは非常に近いものがあり、

これから進めていかれる教育政策にとても期待しています。

義家副大臣の担当は
「教育と文化」ということで、

幼児期から生涯学習の幅広い年代にわたる教育を一貫して担当されるそうです。

「失敗すれば、子供にそのツケがまわる」という認識は、

現役親世代だからこそ切実に感じられていることが伝わってきました。

私が特に関心があるのは、

大学入試改革、英語教育、そして5歳児の義務教育化です。

義家副大臣に期待をしつつ、

しっかりと進捗をチェックしていきたいと思っています。


細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa