タグ:子育て ( 10 ) タグの人気記事

「遺言」

d0339894_22581167.jpg

親になり、

同じ道を歩み、

歳を重ね、

父の偉大さを、より感じるようになってきましたが、

今日は、そんな父がまだ生きているような錯覚になり、

胸が熱くなりました。

何より、写真だけど、親子3代の共演ができたこと。

こんな日が来るとは思っていませんでした。

番組を作って下さった方々、

観てくださった方々、

本当にありがとうございました!

番組の中で紹介された父からの手紙に書かれた、

「珠生ならできる」

という言葉。

まるで、父の「遺言」のようです。

「私ならできる」

と信じて、これからも頑張ります!

家庭教育の価値観


d0339894_09265440.jpg
子供の成長に合わせ、親も子供への接し方を「成長」させていかなければならないことは、

それなりにわかってきたつもりです。

それでも、その時々、迷い、悩むことがあります。

教育の基本はまず家庭にあることからも、

代々受け継がれてきた家庭の教育観や

価値観の継承が難しい現代は、

「家庭教育」を学ぶ場も必要だと思ってきました。

小学校での教員の経験もある

育児・教育ジャーナリスト おおたとしまさ さんと、

週間「世界と日本」4月3日号で対談いたしました。

ダイジェスト版が、発行元・内外ニュースのWebに掲載中です。

「教育対談:家庭教育の価値観を見直そう」
https://www.naigainews.jp/特設サイト/私の教育論チャンネル/

母親の幸せって?

d0339894_20214209.jpg
選挙イヤーだからなのか、出張や原稿執筆が続いています。

私の出張は、地方での講演や取材を指します。

書いて、しゃべって、そのために調べものをしたり、人に会って話を聞いたり、

往復の乗り物の中でも、寸暇を惜しまず、頭をまとめています。

お仕事たくさんさせていただいて、有難い限りです。

仕事で遅くなる時の子供への「置手紙」は欠かさず、

テスト期間の今は、努めて子供の心に寄り添うようにしていますが、

d0339894_20214466.jpg
こんなときだからこそ、毎日普通に、家にいてあげたいと思うこともあります。

でも、最近、特に思うんです。

どんな毎日でも、毎日毎日がある、ということがどれだけ幸せなことなのかということを。

どんな毎日でも、子供の成長を見守れる、

それが母親にとって、どんなことにも勝る幸せであるということを。

そんな毎日が送れていることを、

本当に、本当に感謝しなければいけないと思っています。

いずれ(近いうちに?)は、子供にとって私は、

「ウザい」存在になること間違いなしだとしても、

ずっとずっと、見守っていくつもりです。

消費税増税延期と参院選

「ウーマンエキサイト」で連載中の『ママは政治一年生』、

連載第5回


「増税延期後の参院選、私たちは候補者の何を見ればいい?」


掲載されました!

消費税増税の意味や、なぜ延期したのか、

また参院選で何を考えればいいのかなどを

分かりやすく書いています!

ぜひ読んでください。

義務教育とは、

d0339894_17041486.jpg
本日の産経新聞「解答乱麻」に掲載されています。

http://www.sankei.com/column/news/160203/clm1602030007-n1.html

「義務教育のあり方再考した」というタイトルです。

ぜひ、読んでみてください。



これが少子化対策?!

d0339894_17002305.jpg


明日の「細川珠生のモーニングトーク」は、民主党の衆議院議員の玉木雄一郎さんです。

今週、衆議院で今年度の総額約3兆5千億円の補正予算案が通り、現在参議院で審議中ですが、衆議院の予算委員会で鋭い質問をしたのが、玉木雄一郎さんでした。
「一億総活躍社会の実現に向けて緊急に実施すべき対策費」として、1兆1,646億円が計上されていますが、その中に「三世代同居・近居の推進」として、161億円の予算がくまれています。
三世代同居は出生率向上に有効だという考えから、少子化対策としてこの事業が検討されたようですが、実際はこの補助をうけるのに、三世代同居は要件とされていないということが、玉木さんの質問でわかりました。

つまり、少子化対策とはうたいながら、中身はそうとは思えないものになっています。

では、その内容は何なのか
なぜ、そのようないい加減な予算案が組まれ、さらには、簡単に衆議院を通過してしまったのか、
そして、どうしたらよいのか、
玉木さんにお聞きしました。

国家予算は、当初も補正も、財源は私たちの税金です。真面目に、しっかり考えて、予算を組んでもらわなければ困ります。

明日朝7時5分からラジオ日本で放送です!ぜひお聞きください。

仕事納め

d0339894_17102849.jpg


自民党の機関紙「自由民主」新年号に、

「一億総活躍社会」をテーマに執筆しました。

私は常々、数値目標を課した女性の活躍推進策は

あまり評価していません。

ので、自民党の機関紙とはいえ、少々厳しい論調ですが、

女性の本心とのギャップを埋める政策を

期待する気持ちを込めて書きました。

自民党支持者でないと、読めないのでしょうか。

次号が出たら、私のサイトでも読めるようにしたいと思います。

さて、今日、明日の「細川珠生のモーニングトーク」の収録をしました。

実は、年明け分も収録したので、3本録り。

今週は、大阪での講演もあり、

d0339894_17223043.jpg

昨日はクリスマスで、カトリック信者としてはとても大事な日。

年内、最終週はとても忙しい一週間でしたが、

これで仕事納めです。


少し、家のことをやらないと!!

最終日

d0339894_07563178.jpg
二学期最後のお弁当。

毎朝5時に起きて作ること。

毎日、お弁当のこと(ばかり)を考えていること。

それを念頭に、食事のメニューを考え、お買い物をすること。

仕事をしながらは、正直、とてもキツイと思うこともあります。

でも、お弁当でなかったら、

忙しさを理由に、もっといい加減な食生活になっていたのではないかと思うと、

私にとっては、これも、「ちゃんと母親をやりなさい」という神様の思し召しだったのではないかと思っています。

泊りの仕事を入れないのも、それだけが理由ではないけれど、

「お弁当」という要素は大きい。

でも、

一年生の最後に、学校から持ち帰った「かんんしゃじょう」は

今も、キッチンに飾り、毎日の励みになっています。

二学期の最後は、子供の大好きな「チーズバーガー」にしました。

ついでに?、主人の朝ごはんも似たものを作りました。
d0339894_07563220.jpg

まだまだこの先、何年も続くお弁当作りの日々ですが、

三学期が始まるまで、しばし解放されるありがたみを

かみしめたいと思います。

連載第二回

d0339894_09340454.jpg


先月から始まった「Hanakoママ」での連載

『先生おしえて!」社会科の第二回は、

「女性活躍推進法」を取り上げました。

女性の働き方、生き方がどう変わるのか、

そもそもこの法律はどんな内容なのかなども

少しわかってもらえると嬉しいです!

今週も、新しい副大臣

d0339894_11450944.jpg

今週の「細川珠生のモーニングトーク」も、

第三次安倍改造内閣の新しい副大臣が出演します。

厚生労働副大臣の渡嘉敷奈緒美さんです。

厚生労働省の仕事は、子育て、医療、労働、高齢者政策など

多岐に渡りますが、

その中で渡嘉敷さんが担当されるのは、

労働、子育て支援、そして年金。

多様な働き方が求められているのは、

現役世代の女性はもちろんですが、それだけではなく、

男性も、そして高齢者も、あるいは子育てに一段落ついた女性たちも

それぞれのライフスタイルにあった働き方をすることで、

何らかの形で「社会と接点をもつこと」、

それがみんなが輝くことに、

そして「1億総活躍社会」につながっていくことになると

おっしゃいます。

具体的にどうしていくのか、

渡嘉敷さんの地元・大阪で取り組まれている街づくりの話も含めて

お話いただきます!

厚生労働分野は女性の視点が非常に大事。

薬剤師で、民間企業勤務(資生堂)の経験もある渡嘉敷副大臣の、

お話上手で明るい性格を生かし、

高齢社会が「明るい」ものになるように、

頑張ってほしいです!



細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa