<   2017年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

「TVタックル」初出演


明日30日(日)、12時~ 

テレビ朝日で放送の『ビートたけしのTVタックル』に

出演いたします。

支持率低下の安倍政権、

これから国政で何が起きるか、

キーマンばかりの出演で、

興味深々の話題ばかりです!

これから国政をみるうえでのヒントになる話ばかり。

ぜひご覧ください!!!

TV出演



本日、AbemaTV「みのもんたのよるバズ!」に

出演いたします。

20時~22時まで。

PCは「よるバズ」のサイトにアクセスしていただければ視聴可能。

スマホやタブレットは

AbemaTV専用アプリ(無料!)を

ダウンロードしていただければ、誰でも視聴可能です。

どうぞよろしくお願いいたします!

            

代表辞任を受けて

d0339894_21024185.jpg
明日29日(土)の「細川珠生のモーニングトーク」は、

民進党の岸本周平さんに、ご出演いただきます。

収録したのが、ナント、蓮舫代表の辞任表明の2時間後。

以前より、共産党との連携に異を唱え、

大惨敗の都議選後には、党改革を執行部に申し入れた岸本さんですから、

「さあ、これから!」という意気ごみのあるお話をお聞きできました。

どうすれば民進党の、国民からの信頼が回復できるのか、

新党は?小池都知事との連携は?など

興味深々のお話がいくつも!

ぜひ番組を聴いてみてください。

明日(29日)、朝7時5分~、ラジオ日本で放送です!

「加計ありき」の問題点

「加計ありき」で決めてきた今回の経緯はなぜいけないのか、

問題は主に2点あると思っています。

一つは、加戸前愛媛県知事がいうように、

今回の経緯で、「四国にこそ、必要」という理由を解決できることなのか、ということです。

「今治市分科会」第二回会合で、

帯広畜産大学畜産学部の猪熊壽教授が、

獣医師の地域偏在の問題に対し、入口出口を本当に解決できるのかと指摘しています。

入口、つまり学生の募集について、
地域枠30人とあるが、例えば地域出身者の入学・授業料の減免などはあるのか、

出口、つまり就職先として、
地域枠30人でとっても、四国だけで就職先などその規模をはけるのか、

また「世界に冠たる・・・」というが、グローバルの出口はどういうところを考えているのか、

という質問に、

加計関係者は同時に行われた他の質問には答えていますが、

この問いには返答していません。

つまり、そもそも獣医学部新設を目指した

「四国に獣医師が不足している」「世界に通用するライフサイエンスを目指す」

という目的を見込める計画にはなっていないといえるのでいでしょうか。

この「今治市分科会」の第二回会合で、加計学園による獣医学部の新設が

きまり、実質、ここでの決定が国家戦略特区の認定となったことは

前のblogで書いた通りです。

二つ目の問題点は、

これらの「荒っぽい」事業計画であるにも関わらず、政府肝いりの政策を決める

それこそが、「行政をゆがめる」

「岩盤規制の穴のあけ方の問題」ということです。

「経緯は議事録をみればわかる」とこれも、政府がよく言いますが、

「国家戦略特区会議」こそ、公開ですが、

「区域会議」も「分科会」も非公開(運営規則第二条)

公開するのは、議事要旨と配布資料のみです。

すべての発言をチェックできるのなら、

猪熊教授の質問にも答えている形跡をみることができるのかもしれませんが、

議事要旨から外す内容とも思えず、

そうなると、非公開の会議の中で、「密室的に」「内々に」

ことを進めてきた、どうしてもそう思わざるを得ず

とても残念な思いです。

52年間も新設が認められなかった理由も未だよくわかりません。

既得権益を死守するためと言われていますが、

本当にそれだけなのか、獣医学会や獣医師会からの説明も必要と思います。

ただ、教育委員や私立大学の理事を務める経験から

少子化、人口減少の中で、学校経営は厳しい環境に置かれています。

その中での「新設」。

それには相応の理由が必要であると、私は感じてならないのです。

「加計ありき」2

国家戦略特区による加計学園の獣医学部新設が認められた経緯は以下の通りです。

1、広島県・今治市が国家戦略特区第三次指定となったのは、平成28年1月29日。

その後、

2、「広島県・今治市国家戦略特別区域会議」の下に平成28年3月30日に

  「今治市分科会」が設置され、

3、同年9月21日に、第一回会合が開かれました。
  ここで、今治市から「獣医学部新設を申請したい」という希望が出され、

4、第二回会合が開かれた平成29年1月12日に、具体的事業者として加計学園関係者が
  会議の構成員(案)として出席(「案」の決と取った形跡は公開されている議事要旨から 
  はみてとれないが)、事業計画の説明を行いました。

  そして、この分科会で議決→平成29年1月20日の「区域会議」で、獣医学部新設の区域計画の認定を決定→同日、「国家戦略特区会議(座長:安倍総理)が家計学園による今治市での獣医学部新設の認定を行った、ということです。

公開されている議事要旨等からは、このような経緯がわかります。

また、24日の衆議院での閉会中審査で、

加戸守行前愛媛県知事は、平成17年度から、構造改革特区として加計学園と一緒に獣医学部新設を目指してきた旨の発言がありました。

政府側は、獣医学部新設を目指してきたのは、

特に、国家戦略特区としては「今治市」であり、
1月の告示を行うまでは、加計は一切
関係ないという主旨で国会での答弁を行っています。

でも、時系列で考えれば、獣医学部新設=今治市・加計学園

というのは明々白々。

その証拠に、「京都府分科会」は設置されていないのです。

いくらごまかそうと思っても、国民の目はごまかせないと思わざるを得ません。
  

「加計ありき」1

二日間にわたっておこなわれた国会の閉会中審査。

「言った」「言わない」のやり取りが続いています。

また「総理は加計学園が国家戦略特区として獣医学部を申請したことを知ったのは
いつだったのか」というところに疑惑の目が向けられています。

私はこの問題の本質は、

「国家戦略特区」として認めるにあたって、本当に公正、公平な判断があったのかどうか、

ということであると、思っています。

つまり、「加計ありき」だったのかどうか、ということ、

それにより行政が公平・公正な判断をしなかったのではないかという疑惑という一点に絞られると思っています。

政治や行政の世界、また今回の「国家戦略特区」という総理大臣肝いりの政策を進めるという
ことでなくても、

一般社会でも、

「言っていなくても意をくむ」
「言わんとしていることを想像しながら、最適の行動をとる」

ということはよくあることです。

夫婦や家庭の中でも、大いにあることです。

そういった、人間社会での普通のやり取り、

人とのかかわりを考えれば、

「加計」という個別具体名を挙げなかったからといって、

「加計ありき」ではなかったとは言い切れないと私は解釈しています。

ならば、どこで「加計ありき」であったと判断するかといえば、

政府が公開している資料、

国会での答弁で十分裏付けられるのです。

あとは、国民が、この経緯をよく見、考え、一人一人が判断すればよいことではないかと

思っています。

「政治」を教える日

d0339894_16310807.jpg

「現代政治論」を星槎大学で教えて14年目。

今日(22日)は基礎編ということで、

「閉会中審査って、なに?」という疑問から始めました。

現在進行形の政治の話題をふんだんに活用しながら、

朝10時~夕方5時までの講義。

お疲れさまでした!!

ついに、首都高地下化




ついに、首都高速道路の再生に動き出すとの報道!

この記事に出てくる平成24年の国交省の有識者会議のメンバーだった私としても、

やっとやっと、という思いです。

「首都高速道路の地下化を含めた再生」を提言した主な理由は

  ・老朽化対策
  ・環境改善
 
です。

昭和39年の東京オリンピックに合わせて建設された首都高速道路。

老朽化からくる危険性が何より問題です。

有識者会議では都心環状線の地下化を提言しましたが、

今回は日本橋周辺の2.9キロとのこと。

それでも大きな大きな第一歩です!

なぜ反対なのか~キッズウィーク



産経新聞7月14日(金)の「ニッポンの議論」でキッズウィークに関する賛成・反対意見が

掲載されています。

私は「もちろん」反対で意見を述べています。

この記事を読み、この案はよくないね・・」と言ってくださった政治家が

複数いらしてことは心強いです。


しかしながら、18日に、官邸で「キッズウィーク官民推進会議」が設置され、

第一回の会合で、来年度からの導入を目指すことで一致したとか。

国民生活に大きく影響のある政策だというのに、

ほとんど周知もされず、また「官邸」主導で一方的に決めようとしています。

だから支持率が下がるのです。

「キッズ」と名をつけ、あたかも「こどものため」と言いたいようですが、

子供のためにはまったくならないものです。

会議のメンバーになっている方たちの見識も問われてくると思います。



細川ガラシャのこと

d0339894_07455841.jpg
  
d0339894_09073499.jpg
「戦国大名の末裔たちが明かす歴史秘話~子孫たちが明かした武将・名家の素顔」(宝島社)で、

細川ガラシャのことについて取り上げていただきました。

兄とともに、子孫ということで取材を受けました。

実は兄妹初共演!

7月15日に発売されたばかりの新刊です。





細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa