<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

特別な日

d0339894_10550846.jpg


あの日も、台風一過の雲一つない晴天。

外は35度を超える暑さの中、

私は翌日まで、丸一日、水分の一つも取れない状態で

ベッドの上に横たわっていました。

隣には、生まれたばかりの我が子。

ずっと私のほうを見てスヤスヤと穏やかな顔。


帝王切開で生むことになったため、

前日から入院。

それまで、どこへ行くにも「一体」だったわが子と、

「最後の夜」を過ごしたこと。

ちょっと寂しくて、でも、明日になったら、

どんな顔をしているのかなという楽しみや、

明日になればやっとうつ伏せや、自由自在に寝返りが打てることへの

楽しみや安堵感、

そんな気持ちが錯綜する夜を過ごしたこと。

でも、いざ生まれた後は、

麻酔や傷の痛みで、それどころではなかったことなどなど・・・

昨日の夜は、誕生前夜と誕生直後のことを、

いろいろと子供に話しました。

今日はわが子の誕生日。

生まれてから一年間、毎日欠かさずつけた「育児日記」を

子供と読み返し、

なれない育児にオロオロしていたことを、

懐かしく、懐かしく思い出していたのです。

d0339894_10550804.jpg


大変だったこと、不安だったこと、

今の我が子の姿を見れば

すべて吹っ飛びます。

でも、子供とともに、「オロオロ」した日々は
(子供はオロオロしていないと思うけど)

もう戻ってきません。

「親離れ」していく日も、

そう遠くありません。

だからこそ、子供と過ごせる時間は、

母親にとって、「宝」です。

育児と仕事のはざまで、

悩むことも多いけど、

こうして毎年、子供の誕生日を迎えるたびに、

「がんばらなくちゃ!」と思いを新たにするのでした。



仕事と遊びの行ったり来たり

d0339894_10550931.jpg


六本木ヒルズで開催中の

「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り」に行ってきました。

去年は大行列で断念してしまった、

「かき氷」を絶対食べよう!と比較的早い時間から

乗り込み、戦略が成功!

並ばず、すぐに食べることができました!

子供連れによかったのは、

テレビ朝日本社で体験できる数々のアトラクション。

CGの入江陵介くんと競う「エアー世界水泳」や

d0339894_10550962.jpg


人気ドラマ「相棒」のセットでの記念撮影、

TOYOTOWN Sienta スポーツエリアでの「やべっちFC」と連動した

サッカーのキックターゲットやパターゴルフ、

テレ朝のキャラクター「ゴーちゃん。」と一緒に宇宙へ行く
「ゴーちゃん。視察団」

今年イチオシの六本木お化け屋敷「喬子の哭く家」

などなど、たっ~ぷりと、堪能することができました。

六本木ヒルズ内をフルに活用して、

ドラえもんのトリックアートの写真撮影などもやっています。

炎天下ではないので、涼しいとまではいきませんが、暑さ凌ぎにはなるし、
雨の日も一部を除いては楽しめそう。


昨日は、国交省の
「安全で快適な自転車利用環境創出の促進に関する検討委員会」
に委員として出席をし、

d0339894_10550942.jpg


熱のこもった議論を2時間。

今日は打って変わって、子供との遊び外出。

夏休みは、仕事⇔遊び、

行ったり来たりが激しい日々が続きますが、

週末も両親共に仕事だった我が家では、

久々に一息つけた一日でした。

「非常食」の稲荷ずしも活躍

d0339894_10551087.jpg


12年目となった、星槎大学での非常勤講師。

この週末は、私の受け持つ授業「現代政治論(基礎編)」「応用編」のスクーリングがありま
した。

週末の二日間を家を空けるのは、母親にとっては
なかなか大変です。

朝・昼・晩×2日分の食事の用意を
前日からしなくてはいけなかったし、

子供が用事で出かける段取り、

家を出る時間、乗る電車の時間、

待っている間にやることなど、あれやこれや・・・

スクーリングの準備もあるし、本当にバタバタの数日間。

さすがに、二日目の夜の食事までは準備はできなかったけれど、

「非常食」で作った稲荷ずしは、大活躍!

子供のお弁当にも、ちょっと小腹がすいたときにも、

重宝してくれました。


さて、スクーリングですが、

d0339894_10551011.jpg


d0339894_10551023.jpg


横浜事務局をメイン会場に、
仙台と大阪とテレビ会議で結び、

休憩を挟んで一日7時間×2日間の授業です。

私の科目名は「現代政治論」なので、

「政治学」として学問の政治を教えるというよりは、

現在、国会で議論しているテーマや

国民としてしっかり理解していないといけない政治のテーマを
教えることにしています。

そして、「主権者」として大事な

選挙制度をしっかり頭に入れること、

国会のしくみも、憲法に規定されていることなど、

実際に憲法の条文を取り上げながら

理解してもらうようにしています。


2日間のスクーリングの目標は、2つ。

「ニュースを、少し関心をもってみるようになった」

「選挙にはきちんと行こう!」

と思ってもらえるようになることです。

政治は、政治家や、誰かがやってくれることではなくて、

私たちみんなにも大きな責任があること。

そんなことが分かってもらえればいいかなあ。

それにしても、外は35度を超える猛暑。

歩くのが精いっぱいという中、

二日間、学生たちもよく頑張りました!

「聖心パワー」

d0339894_10551182.jpg


元警察庁のエリートで、初代内閣安全保障室長の佐々淳行さんの最新刊

「私を通り過すぎたマドンナたち」に

私も少し取り上げていただいております。

P217 ~です。

私の尊敬する聖心の先輩方に並んで、

「聖心パワー」と評価していただいています。

ぜひご一読ください。

d0339894_10551156.jpg

「ママにも観てほしかった」

d0339894_10551128.jpg



昨日、8日、滋賀県大津市の坂本に行きました。

「美しい日本の憲法をつくる滋賀県民の会」の設立総会での

記念講演をするためです。

https://kenpou1000.org/news/post.html?nid=37

先週の静岡に引き続き、

憲法改正を実現するための私の大事な活動の一つと思って、

行ってきました。

もちろん、いつものように、

留守をする自宅には、

子供に

「あなたが一番大事」という

思いを伝えるためのメッセージも残して。

本当は、昨日は子供の学校で大事な行事があったのですが、

私は仕事のため、行かれませんでした。

雨になれば一日順延になるのに、

という願いもむなしく、

「ママにも観てほしかった」

という子供の言葉に胸を痛めています。

でも、帰りの新幹線の中で、携帯をみたら、

子供の写真が添付されたママ友からメールが!

頼んでいたわけではないのに、

そんな優しい心遣いに、感激・・・。

こうやって、色々な人の理解と優しさがあって、

自分の、仕事をもつという生き方が成り立っていることを

ひしひし感じていました。

さて、滋賀県の坂本は、

私の先祖の明智光秀がお城を建てた場所です。

d0339894_10551146.jpg


光秀の娘・ガラシャは幼少期に、越前国(今の福井県)から
坂本に移り、

細川家に輿入れするまでの少女時代を過ごしました。

ガラシャの故郷です。

この地にある西教寺は、

織田信長の比叡山焼き討ちの時に消失しましたが、

再建に当たって光秀が尽力したということで、

明智光秀の菩提寺として、今も光秀を供養してくださっています。

光秀、光秀の妻・煕子のお墓をお参りし、

ガラシャが育ったお城址に行き、

そこからどんな思いで琵琶湖の景色を見ていたのか、

色々思いを巡らす一日でした。

あなたが一番大事

d0339894_10551260.jpg


今週は、講演のため、静岡へ。

午後東京を出発するのを前に、

子供のおやつと夕食の準備。

「学校、どうだった?」

「おやつ、食べてね。飲み物はカルピスがあるよ」

「宿題とピアノの練習、頑張ってね」

・・・などなどというメッセージも残し、

家をでます。

もちろん、留守番のための人は頼みますが、

食事は必ず自分で作っていきます。


私が食事以上に大事にしているのは、

子供へのメッセージ。

どんなに私にとって大事な仕事でも、

子供には、それがどこまで理解できるかわかりません。

「いつ、どんなときも、あなたが一番大事」

という思いを伝えることは

働く母親が忘れてはいけないことだと思っています。

「わかっているだろう」なんて、母親の自分勝手な解釈です。

必要なことは、きちんと言葉にして、

子供の漠然とした不安を少しでも和らげる努力は

どんなに時間がタイトでも、頑張ってしないと。


さて、静岡での講演は、

「美しい日本の憲法をつくる静岡県民の会」の発会式での

記念講演でした。

d0339894_10551255.jpg


私は、尊敬するジャーナリストの櫻井よしこさんが
共同代表をなさっている

「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の

代表発起人を務めています。

憲法改正を実現するために、国民の理解をもっともっと深めなくてなりません。

そのためには各地方での活動がとても重要です。

「なぜ、憲法改正が必要なのか」

という原点に立って、お話をさせていただきました。

今月は、地方での講演や仕事が少し立て込んでいますが、

子供のことも、仕事もきちんとやりきれるように、

頑張ります!

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa