<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

みんなが、少しずつ

d0339894_10551351.jpg



5月13日(水)の産経新聞教育面のコラム「解答乱麻」に

「もう少しずつ、変える努力を」という原稿を書きました。

http://www.sankei.com/life/news/150513/lif1505130018-n1.html


育児への支援は、少しずつでいいから、

みんな
の発想の転換が必要よ、という内容です。

ぜひ、読んでみてください。

引き続き、憲法

d0339894_10551341.jpg


明日の「細川珠生のモーニングトーク」、

ゲストは先週に引き続き、

自民党憲法改正推進本部長の 船田元さんです。

今週、国会でも衆議院の憲法審査会が開かれ、

各党から就任している委員の意見が報道されました。

その討議の中でも船田氏が発言されていましたが、

自民党としてまず取り組みたいと思っている
三点の改正ポイントについて、

お話いただきました。

憲法尽くしのGWでもありましたが、

憲法は、政治では最も大事なテーマなので、

憲法記念日をはさみ、二週連続してお送りいたします。

「いい加減にせい!」

d0339894_10551413.jpg


雑誌「正論」6月号のワイド企画 「いい加減にせい!」 に、

『男たちよ、デートではおごりなさい』

というタイトルで執筆しました。

サブタイトルの「世の中、おかしくなるばかり。だまってられるか」

という思いをツラツラと・・・。

ぜひ、読んでみてくださいね~。

言論界代表として~憲法記念日

d0339894_10551450.jpg


GWの真っ只中、5月3日の憲法記念日。

私は第17回公開憲法フォーラムに出席してきました。

これは、民間憲法臨調と美しい日本の憲法をつくる国民の会の共催で

全国25か所で一斉同時中継され、メディアの取材も多数来ていました。

https://kenpou1000.org/news/post.html?nid=18

私はこの主催団体の一つ、
「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の代表発起人の一人でもありますが、

今回は政界、経済界、スポーツ界それぞれの代表の方に並び、

言論界代表として、約10分ほどの意見表明を行ってきました。


憲法は、私が政治ジャーナリストとして最重要として取り組んできたテーマです。

改正が必要という考えであることは言うまでもありません。

現行憲法は、日本が敗戦後の占領下で
占領軍によって草案が作られ、

ほとんど日本側の修正要求も受け入れられずに
出来た憲法だからです。

私はこの1点をもっても、
改正して、新しい憲法を作るべきだと思っています。

そこに議論の予知もないと思っているのですが、

何か憲法を改正すると、すぐに戦争になるかのごとく
国民が不安になる。

その理解不足、勉強不足は、国民も反省し、
もっと主権者たる国民として責任ある行動をしてほしいと
思います。


占領が終わり、主権を回復したのが、
昭和27年4月28日。

もう63年も、この占領憲法を「大事に」持ち続けていることは
世界の笑いものです。

・・・という思いから、意見表明をしてまいりました。

私の尊敬する櫻井よしこさんの基調講演、
来賓として、自民党の古屋圭司さんのご挨拶のほか

提言をされた各界の代表の方々は以下の通りです。

政界から
自民党  磯崎陽輔さん(内閣総理大臣補佐官)
民主党 松原仁さん(元国務大臣)
維新の党 柿沢未途さん(政調会長)
次世代の党 中山恭子さん(参院会長)

経済界から、
日本青年会議所副会頭 森本勝也さん

スポーツ界から
大相撲解説者 舞の海秀平さん

そして言論界から、私。

憲法については、もっともっと発信していかなければと思っています。

憲法記念日を前に

d0339894_10551527.jpg


5月3日の憲法記念日を前に、

明日の「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

衆議院議員で、自民党憲法改正推進本部長の船田元さんをゲストにお迎えします。

憲法改正への思い、安倍総理は、

当番組の1001回目の放送でお話くださいました。

自民党の憲法改正議論の責任者である船田さんが、

今後どうやって「改正」を現実としていくか、

またそのそも、憲法改正の必要性は何かを

改めて船田さんにお伺いします。

明日7時5分から、ラジオ日本で放送します。

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa