<   2015年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

国会が始まっています

d0339894_10550370.jpg


世の中の報道は、ISILによる人質事件一色ですが、

今週月曜日から、第189通常国会が始まっています。

昨日と今日は衆議院予算委員会があり、
NHKで、朝9時から夕方5時まで中継がありましたが、

天皇陛下がご出席されての開会式や、

麻生財務大臣による財政演説などの生中継はなく、

これでは、国民が政治に関心を持つのにも
限界があると思わずにはいられません。

しかし、通常国会は、予算案を、
どの議案よりも優先させて審議することが決められており、

今国会はそれに加え、今年度の補正予算案がさらに先に審議されています。

この補正予算案も当初予算案も、
国が何を行うかを財政的に裏付ける重要な議案です。

そこで、明日の「細川珠生のモーニングトーク」では、
政治評論家の屋山太郎さんをゲストにお迎えし、

国会の話題一色でお送りします。

今国会、特に前半国会の審議のを読み解く
ヒントになることと思います。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送いたします。

ご当地ナンバー

d0339894_10552839.jpg




「ご当地ナンバー」って知っていますか?

去年から、東京でも、「世田谷」と「杉並」が

新しい自動車のナンバープレートとして

付けられることになりました。

新しいご当地ナンバー、世田谷や杉並の他に
9か所が決まり、すでに配布が始まっていますが、

以前は、富士山や湘南など、18か所の地名も、

新しいご当地ナンバーとして話題になりました。

これって、どうやって決まるの?

そもそもナンバープレートって、これまでもどうやって決まっていたの?

そんなご当地ナンバーの「しくみ」などについて、

「Mart」3月号の『最近気になるNEWSな言葉」で

解説しています。

http://mart-magazine.com/contents/magazine/backnumber/201503.html

お砂糖なし生活

我が家にはお砂糖がありません。

d0339894_10552869.jpg


お料理はすべて、

↓「コーボン」という酵母菌で作られた飲料を

d0339894_10552933.jpg


お砂糖代わりに使っています。

発酵食品が体にいいと見直されていますが、

コーボンも発酵食品。

新鮮な果物を原料とし、一年~一年半かけて
伊豆の天城山中で発酵させ、

天然植物エキス飲料として製品化されています。

写真の「コーボンマーベル」は

特に酵母菌が多く、

1ml中に、9000万個の酵母菌が入っています。

乳酸菌やビフィズス菌は大腸に効くと言われていますが、

小腸に効果がある、唯一のものが酵母菌で、
これを効率的に摂取することができるのです。

ヨーグルトに入れたり、

お水と氷で割って飲んだり、

とても手軽に活用できますが、

我が家はそれ以外にも、
お料理のお砂糖代わりに使っているため、

摂取量はとても多くなっています。

腸内環境をよくすることが健康につながることから、

家族の健康にためにも、

大きく貢献してくれています。

それに私の美容のためにも・・。

ちなみに、
これを30年以上愛飲した父は、

90歳まで生きることができ、

胃腸はとてもきれいでした。

でも、それ以上にお酒も飲んでしまったけれど(笑)!

民主党が目指す日本

d0339894_10552917.jpg


明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」、

ゲストは民主党 衆議院議員の松原仁さんです。

今週は、イスラム国による日本人人質事件が起こり、
日本中が震撼しました。

期限をすぎても解決の兆しが見えない中で、

テロにはどのように向かうべきかというお話から始まり、

本題である「民主党の再生」に話は移っていきます。

松原さんが推薦人となって推した細野豪志議員は、

決選投票で岡田氏に敗れたものの、

岡田新代表のものとで、どのように民主党を再生していくのか

お話を伺います。

自民党政権の目指すものとの決定的な違いなど、

「民主党が目指すもの」が初めて明確にわかったお話でした。

明日の朝7時5分から、ラジオ日本で放送いたします。

二軒分

d0339894_10553010.jpg


特別な仕事が入っていなくても、母親は週末もとても忙しいのです。

子供の習い事の送迎などがあると、出たり入ったりの一日ですが、
その合間に、買い物や掃除、まとめて食事を作ることに追われます。

一応母親なので、お料理は毎日やりますが、
平日は時間をかけて作るものはできないので、

平日よりは、多少時間に余裕のある週末に、
そのあと一週間を乗り切るための
「下ごしらえ」や準備は必須。

お弁当用も兼ね、
コロッケ50個とか、
ハンバーグ 50個とか、
餃子100個

を作ることもあります。(→冷凍保存)

最近は、作る手間は一緒なので、

私の母に届ける分と合わせ、二軒分作っています。

「女性の活躍」っていうけれど、

母親が働くことは、なかなか大変です。

まずは「身を切る改革」

d0339894_10553005.jpg


明日の「細川珠生のモーニングトーク」

ゲストは、維新の党 政調会長の柿沢未途さんです。

明後日には民主党の新代表が選ばれますが、
この代表選のさなかも、

野党再編、中でも維新の党との連携が

一つの「争点」にもなっていました。

一強多弱という政治勢力の中は、野党が今のままでいいとは

国民も、当事者も思っていないのですが、

とはいえ、野党再編はなかなか難しそう・・・

民主党の新代表が誰になるか、

民主党との連携はどうなるのか、ということにこだわらずに、

維新の党は、国会で何をどうしていくのかという
維新の党の政治姿勢と戦略をお聞きしました。

自民党政権がほとんどやる気を見せていない「身を切る改革」

維新の党としては、「まず、これをやらないと」ということで、

議員歳費削減の議員立法を今月末からの通常国会でも
すぐに提出するそうです。

この点においては、国民の支持も高いはず!

明日朝7時5分から、ラジオ日本でぜひ聴いてみてください。

若者にとってのアフリカ体験

d0339894_10553002.jpg


月刊「Her Story」2015年1月号(国連NGO世界女性平和会議発行)で、

ミレニアム・プロミス・ジャパン理事長の鈴木りえこさんと

対談しました。

テーマは、「アフリカ体験は若者の視野を広げる」。

鈴木りえこさんは、国連が2000年に制定した

「ミレニアム開発目標」の達成を目指して
アフリカのサハラ以南の地で人々の自立支援を行う
NPOを組織しておられます。

特に、女子教育に力を入れられていますが、

実際にアフリカに行ってみると、

女子が学校へ行くことで、家で赤ちゃんの面倒を見る人がいなくなるなど、
それはそれで家族の幸せではなくなってしまうような
現実にも遭遇するとのこと。


学校に通う適齢期の女の子のためだけでなく、
小さい子の面倒を見る場所も必要になるなど、

実際に現地へ行かなければわからないお話など
興味をそそられるものばかりでした。

また鈴木さんは、ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)の傘下に
「MPJユース」を作り、

東大生はじめ、60人の学生が加入しているとのことですが、

そのうちの十数名が、鈴木さんがアフリカに行かれる時には
必ず同行されるとのこと。

アフリカの子供たちの支援をしながら、
日本の若者たちも、成長していく

とても貴重な機会だと思います。

d0339894_10553150.jpg


年に数回はアフリカに行かれるという鈴木さん。

小柄で華奢な鈴木さんが、

現地で食事や体調不良のアクシデントを何度も乗り越えて行う取り組みに、

ただただ、感服しています。

細川護光さんの個展

d0339894_10553128.jpg


細川護熙さんのご子息である、

護光さんの陶芸の個展に行ってきました。

昨年の12月31日に開幕し、すでに8割以上が「売約済み」という人気!

とても「美しい」作品ばかりでした。


日本橋三越本店 本館 6Fの 美術特選画廊にて、

今月13日(火)16時まで開催されています。

多くの方にご覧いただきたいです。

全世代に関心をもってもらいたい、大学入試改革

d0339894_10553237.jpg


明日の「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

先週に引き続き、下村博文文部科学大臣です。

今週は、昨年末、中教審(中央教育審議会)から答申が出された

「大学入試改革」を中心に、高等教育改革について

お伺いします。

新しい大学入試制度は、6年後を目標とするということですが、

それまでに、大学側が取り組まなければならないことは
たくさんあります。

またそれに伴い義務教育も大きな変化を求められるかもしれません。

大学を卒業した後の社会も、変革が求められるでしょう。

どの世代に人たちにとっても、無関係ではないテーマです。

ぜひ、お聴きいただければと思います。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送です!

「夕刊フジ」連載3回目、4回目

d0339894_10553213.jpg


年末、あまりの忙しさに、ブログの更新も疎か・・

やっとリンクを張りました。

「夕刊フジ」での短期連載「しっかりして!永田町」の

3回目と4回目です。


ぜひご一読いただけたら。

3回目
「地方再生は国主導、支援でなく自らが本気で取り組む覚悟を」
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141226/plt1412260830001-n1.htm


4回目
「「原発か反原発か」の言葉だけでなく100年見通したエネルギー政策を 」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141227/dms1412271000001-n1.htm

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa