<   2014年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

子どもの命を救うために

d0339894_10553659.jpg


連日のように報道される児童虐待による子供の死。

報道の頻繁さ=数の多さに、胸を痛めている人も多いと思います。

そこで、明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」では

ゲストに、子ども虐待死ゼロを目指す活動を行っている

「Think Kids 子ども虐待・性犯罪をなくす会」代表理事で弁護士の
後藤啓二さんをお迎えして、

いま、日本で起こっている児童虐待の実態、現在の対応、
問題点、

そしてどうしたら虐待による子どもの死を防ぐことができるかということについて
お話を伺いました。

平成25年度の児童相談書への相談・通報件数は、73、000件で
統計を取り始めた平成2年から、なんと67倍になっているとのこと。

本当に多いのです。

後藤さんは、警察庁のエリート官僚として23年間務めた間に、

ストーカー規制法や児童ポルノ禁止法の立案にも関わってこられた中で、

児童虐待の問題にもかかわるようになったそうです。

現在は弁護士をしながら、Think Kids の代表理事として、
法改正等の必要性を訴えています。

後藤さんの働きかけにより、
官邸にも「児童虐待防止対策に関する副大臣等会議」が設置され、
関係する省庁で真剣な検討を行うことになっています。

現在、児童相談所の職員にしか、虐待が疑われる子供の保護をする権限が
与えられておらず、警察や市町村との連携はほとんどないのが実情です。

児童相談所の数は、例えば、都内に警察署の数が約100とすると、わずか約10か所しかなく、体制は不十分です。

実際に、近所の人からの通報は警察や市町村(役所)に行くことも多々あり、
警察、市町村、児童相談所の横の連携が何よりも重要になります。

Think Kidsが目指す対策も、まずはこの「連携」を実質的なものにするための
法改正が最大のポイントとなっていますが、

そのほかにも、虐待を受けた子どものケアや治療の体制整備と無償化、

妊産婦や子供の定期健診等で、虐待やネグレクト、またその可能性がある患者と
接した場合の、医師からの通報など、

多方面から、虐待を防ぎ、虐待死をゼロにするための対策が提案されています。

官邸に副大臣会議が設置されているとはいえ、
本気で行うかは、世論の後押しが必要です。

Think Kidsでは署名活動(ネット署名も可)を行っており、
私もその賛同者の一人になっています。

子どもの虐待、そして虐待による死をゼロにするためにできることを
ぜひラジオを聴いて、理解していただきたい、と思っています。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送します。

解散・総選挙

突風の「解散風」が現実のものとなり、今日、衆議院が解散されました。

そこで、明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

政治評論家の屋山太郎さんです。

屋山さんはこの選挙を、

「官僚主導の政治形態を終わらせるかどうかの重要な節目」

とおっしゃいます。

大義は?
争点は?

と、国民(有権者)は悩んでいるようですが、

大きな視点を持って、この解散・総選挙を考えて行く方がよいでしょう。

明日の朝7時5分から、
ラジオ日本で放送です!

「地方分権」へ向けて

d0339894_10553652.jpg



自民党政調会長から総務大臣という要職続きで、

すっかり貫録がつき、でも、やっぱり「かわいらしい」高市早苗総務大臣。

明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」の
ゲストにお迎えします。

テーマは
「地方の再生と地方分権」

特に、地方分権については、このところ実現への道のりが遠く感じられたことから、

その理由をお聞きしながら、

今後どのように進めていかれるのかをお聞きします。

写真のバックに掲げられている書は、
大久保利通公の書だそうです!

明日、朝7時5分からラジオ日本で放送です。

5歳児の義務教育化

d0339894_10553772.jpg


「Mart12月号」の『最近気になるNewsな言葉』のページで、

「5歳児の義務教育化」について、解説しています。

無償化=義務教育化

ということだけではないけれど、

とりあえず、来年度予算で、
所得制限を設けるものの、

5歳児の幼稚園・保育園の保育料を
無償化する方向で

いま、政府は動いています。

それらを含め、「5歳児の義務教育化」とは何か
解説しているので、ぜひ、読んでみてください!

種、収穫!

d0339894_10553720.jpg


7月から育て始めたJAXAからの朝顔。

今月3日に、種を初収穫。

今は、毎日、種が収穫できています。

Pは、理化学研究所で重粒子をあてた朝顔の種を栽培したもの。

Sは、宇宙ステーションで過ごした朝顔の種を栽培したもの。

もう一つ、Nという何も手を加えていないノーマルなもの、と

3種類を育てましたが、

やはりPの成長はすごい!

SやNはまだこれからですが、

Pは立派な種がどんどん出来ています。

JAXAへのリポートも仕上げないと!!

政界の知恵袋の「学ぶ姿勢」

明日の「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

参議院議員で、次世代の党顧問の江口克彦さんです。

江口さんからは、シンガポールの国づくりのお話を伺います。

国を上げての目標をもつこと、

という、当たり前のようで、
今の日本にはなかなかできないことをやってきた
シンガポールのお話。

アベノミクスに「振り回されている感」のある日本で、
参考になることもあるような気がします。

それにしても、江口さんのお人柄、生きる姿勢には、
いつも尊敬の念をもって接しています。

江口さんは、

経営の神様・松下幸之助さんの秘書を長く務められ、
松下政経塾で、たくさんの政治家・経営者を育て、
PHP研究所の社長として、
多くの政策提言を行ってこられました。

現在は参議院議員というお立場にあられ、
まさに政界の知恵袋、といった存在。

「地方分権論」でいえば、江口さんを超える提言を行うかたもいないくらいですが、
江口さんいわく、
「自民党の一年生議員の中には、地方分権というもの自体を知らない人がいる」
というショッキングな現実も知り、

今年、中央大学大学院で博士号を取得されたというほどの
江口さんの「学ぶ」姿勢を、
若い政治家には見習ってほしいと痛感します。

明日、朝7時5分からラジオ日本で放送します。
ぜひお聞きください。

父の”キャリア”教育

d0339894_10553790.jpg


「倫風」11月号「子どものころからのキャリア教育」のコーナーに、

「父・細川隆一郎の職業教育」と題した

インタビューが掲載されています。

写真は、子どもの頃に、

安倍総理の祖父・岸信介氏の御殿場のご自宅を

お訪ねしたときのもの。

このくらいの年ごろから
父の仕事に同行させてもらっていたことが、

今の私の仕事の原点だったのかも、と

最近つくづく思います。

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa