<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

平壌訪問の真相

d0339894_10553852.jpg


1003回目の放送となる、明日のラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」、

ゲストに、参議院議員で、元拉致問題担当大臣の中山恭子さんをお迎えし、

今週行われた日朝協議について、
その真意をお聞きしました。

「拉致問題は最重要課題であるということを伝えた」

ことが、今回の平壌訪問の重要な理由の一つと
安倍総理や政府関係者から聞かれましたが、

「念押し」のために、そのようにしたのかと思いきや、

これは外務省の密かなる「軌道修正」であったことが
中山さんのお話から分かりました。

それ以外にも、現在の交渉の根拠ともなるストックホルム合意はもちろんのこと、
現在の交渉の日本側の体制そのものが問題であることが

中山さんのお話からよく理解できます。

拉致被害者が全員無事に帰国するためには、
私たち国民にもできることがあります。

明日の放送で、ぜひそれを聞いていただきたいと思います!

明日朝7時5分から、放送です。

航空自衛隊

d0339894_10553888.jpg


今日、茨城県百里基地で行われた航空自衛隊の観閲式に
出席してきました。

観閲官・安倍総理、主催者・江渡防衛大臣による観閲式は、

陸海空三自衛隊がそれぞれ順番に三年に一回行うもので、

今年は航空自衛隊の観閲式でした。

それはそれは、すべてが圧巻!

間近で飛行する戦闘機や偵察機、輸送機、給油機などの迫力。

自衛隊の一糸乱れない整列や行進、

どれも感嘆の声をあげてしまうほど、
自衛隊以外では一切見られない光景に感動のしっぱなし、
でした!

安倍総理の訓示を含む、約1時間半のセレモニーの最後には、

「展示飛行」と称した戦闘機などの飛行を目の前で見ることができました。

F-15戦闘機の緊急発進や機動飛行、
F-2戦闘機の対地攻撃、

そして、最後はブルーインパルスによる アエロバティック フライト。

d0339894_10553869.jpg


統制のとれた行動や高度な飛行技術を見ていると、

自衛隊への尊敬の気持ちが益々高まります。
もう、テンション、上がりっぱなし!

スクーリング in 香川

d0339894_10553853.jpg



昨日のブログと前後しますが、

今週は、水曜日から木曜日にかけ、

星槎大学の現代政治論のスクーリングで、
香川に行っていました。

いつもスクーリングは、大学の横浜校を会場に、
地方の学生とはテレビ会議で行うのですが、

今回、初めて地方へ赴いてスクーリングをしました。

丸々二日間の講義は、
11年目になれば、それなりに慣れてはきますが、

学生たちが、どんどん政治のことがわかるようになる姿を見るのが、

毎回、本当に楽しいし、うれしいです。

今回も21歳から27歳までの学生が受講生で、
まだ全員が国政選挙には行ったことがない、と。

次の選挙では、絶対に投票に行く、

と言ってくれたことに感激。
二日間の疲れも吹っ飛びます。

それにしても・・・

家路につく学生に、「暗いから気を付けて帰ってね」と
ついつい言ってしまう私。

20代といえども、学生たちへの思いは、
すっかり親心・・なのです。

日本政府・派遣の意味

「細川珠生のモーニングトーク」、1002回目の放送である明日は、

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長の
西岡力さんをゲストにお招きして、

来週の日本政府担当者の平壌派遣について
お話を伺います。

北朝鮮の拉致問題特別調査委員会の調査の進捗状況を確認するために

日本政府が平壌への担当者の派遣を決めましたが、

賛否は分かれています。

安倍総理は、派遣の理由を

「拉致問題が重要課題であり、正直に誠実に対応しなければならないと
伝えることが目的」

と言っているように、拉致被害者の帰国に向けて
北朝鮮が必死に動いているとは思えない

というのは、日本人の多くが感じていることでしょう。

あらゆることが不安になりますが、

その中でも、政府が派遣を決めたのは何か、
北朝鮮はどのような対応をすると予測するか、

そもそも、この体制で本当に拉致被害者が帰国できる日がくるのか、

などについて、伺います。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

浜岡原発から見る政治の怠慢

d0339894_10553927.jpg


今週月曜日、静岡県にある浜岡原子力発電所に取材に行ってきました。

浜岡原発は、東日本大震災後、
当時の菅直人総理大臣が、

安全性などにおける法的な根拠なく、

独断で停止を命じ、

以後、稼働していない状況が続いています。

例えば、定期点検後の安全審査における合否などで
再稼働の是非の判断が待たれている状況とは違い、

とにもかくにも、当時の国のトップが
何の根拠もなく止めた原発という点において、

他の原発とは大きく事情が異なります。

運転停止から3年半が経ちますが、
その間に、原子力規制委員会は
新たな安全基準を定めました。

再稼働には、その条件を満たすことがまず必要になります。

新しい安全基準の最大のポイントは、
「溢水(いっすい)対策」
つまり、原子炉建屋、タービン建屋はもちろんのこと、
敷地内に一滴も水が浸水しないことを
目指すものです。

そのためにとられている浜岡原発の安全対策は、
海岸線1.6キロの敷地の端から端まで、
海抜22メートルの防潮堤を建てること、

海水の取水池も、すでに構造上洪水を防ぐようになっているものの、
更に周囲を取り囲む塀を作ること、

などなど、
幾重の浸水対策が施されています。

5基の原子炉がある浜岡原発では
1号機、2号機はすでに廃炉に向けての作業が進み(老朽化のため)
4号機は、原子力規制委員会に
安全審査を申請済みで、
その結果が待たれています。

今の原子力発電についての制度では、
原子力規制委員会の審査結果が適合となっても、
「安全」に対するお墨付きを与えたのではない、と
規制委員会の当事者はいいます。

安全基準にかなっていれば、普通、「安全であると解釈」
するのではないでしょうか。

もちろん原発の再稼働には
立地の地元住民が納得することが必要ですが、

原発施策は国家のエネルギー施策。
規制委員会の役割が「ここまで」なら、

その先は、
もっと国がリーダーシップをとるべきです。

そして責任ある判断をすべきです。

その意味からも、私は小渕さんは交代してよかったと思いますが、
また新任大臣へのレクチャーから始まるかと思うと、
政策実行の遅延は、国民の不利益。
政治家は失態がないよう、努力してほしいと思っています。

1001回!

d0339894_10553914.jpg


先週、1000回を迎えた「細川珠生のモーニングトーク」、

1001回目の明日の放送も、安倍総理のご出演です。

先週は、「女性の活躍」について、総理の
「正直なところ・・・」を伺い、

女性観のみならず、家族観、

また子供の立場に立ったお考えを述べてくださったことは、
これまでにない総理の心境を聞くことができたと、

番組をお聴きくださった多くの方から
評価をいただきました。

今週は、
私がどうしてもお聞きしたかった憲法改正のこと、

また慰安婦をめぐる世界の誤解、日本国内での誤解について
どう対処されていくのか

についてお聞きします。

明日も、7時5分から、ラジオ日本でお聴きください!!

1000回!

d0339894_10554067.jpg


「細川珠生のモーニングトーク」、

明日の放送で1000回を達成することになりました。

そして、この記念すべき1000回目の放送のゲストは

第96代内閣総理大臣・安倍晋三さんです。

安倍家とは3代にわたるおつきあいで、

特に、父親同士は毎日新聞の同僚でした。

私も2001年に出版した「未来を託す男たち2」で
当時官房副長官だった安倍さんを取材して
執筆・出版。

雑誌などでも何度か取材をしてきた間柄でした。

14年間は父と一緒に放送してきた番組だからこそ、
安倍総理にご出演いただきたかったのです。

さて、1000回目の放送は、
「女性の活躍っていうけど、子育てはどうするの?」
「決して楽になっていない国民の生活。消費税を上げないという
選択もありますよね?」

と生活者目線で総理に聞いてみました。

そして、そして、1001回目の来週も、総理にご出演いただきます。
それはまた来週予告します。

私のWEBサイトにも、1000回を迎えての思いを書いていますので、
そちらもご覧ください。

http://www.cheering.net/tamao/

明日、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

999回目

d0339894_10554119.jpg


999回目の放送となる、明日の「細川珠生のモーニングトーク」、

ゲストは、9月に総務大臣政務官に就任した長谷川岳さんです。

地方自治体、放送・情報通信分野、そして郵政行政、消防など
幅広い所管事項のある総務省ですが、

その中で長谷川政務官のお仕事は、
ICTを活用した地方の再生、
放送コンテンツの海外進出、
郵政行政

の3つが主な分野です。

長谷川政務官は、今や全国で開催されている

「YOSAKOIソーラン祭り」を最初に始めた人。

地方の底力を存分に発揮させるには適任と言えるでしょう。

ICTを使って、どんな地方の再生策を考えているのかという
お話を中心に伺いました。

「まず、空気が(東京とは)違う」という地方の魅力を
発揮できるよう、

地方に大きな愛情のある長谷川政務官に大いに期待したいものです。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa