<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

素敵な先輩に

雑誌の対談で、
国際協力機構(JICA)で国際協力専門官としてご活躍された

佐藤 都喜子さんにお会いしました。

佐藤さんは、人口・リプロダクティブヘルス、地域保健の分野で、
主にヨルダンで、女性の地位向上に、ご活躍されてきた方です。

昨年9月の、国連総会での安倍首相の演説の中で、
女性のエンパワーメントの代表例として
佐藤さんのご活動が紹介されました。

佐藤さん、ヨルダンには計12年赴任されたとのこと。

女性の行動や生き方が「制限」されるアラブ社会で、
女性に意思決定権を持たせるための教育を

日本国を代表して支援されてきたのです。

そのご活動の素晴らしさもさることながら、

佐藤さんの生き方そのものも、
魅力的であり、また学ぶところがたくさんありました。

詳しくは雑誌が刊行された折にぜひ読んでいただきたいのですが、

一つだけ紹介したいと思います。

それは、「自分の仕事に忠実に、そして納得のいく仕事をしていれば、
評価は必ずついてくる」

というものでした。

多くが、評価されたくて仕事をしているのではないとはいえ、

「忠実に」「納得のいく」
という仕事に対する姿勢は、

常に心得ておかなければならないと、改めて感じたのです。

佐藤さんも、妻・母・そして娘(嫁)として、
たくさんの役割を抱えながら、ご自分のキャリアを築いて来られた・・。

見習うべき素敵な先輩に、また一人、お会いできたことを
幸せに思います。

貫録の総務会長



明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」、

ゲストは、自民党総務会長の野田聖子さんです。

自民党総務会といえば、政策においても、党の活動や決まりごとにおいても、
とにかくすべての案件についての、最高意思決定機関。

ここを通れば、法案も国会での審議をまたず、
ほぼ決まったようなもの。
それがいいか悪いかは別として、
それを束ね、トップに立つ総務会長といえば、

歴代、「強面」のオジサマ方が就くのがお”慣例”でした。

それが、一昨年12月、安倍自民党総裁は、
当選7回、52歳の野田聖子さんを
ご指名したのです。

高市早苗政調会長の任命と合わせ、
かなりの「目玉」人事でありました。

それから1年3か月、
総務会長としてどのように過ごしてきたのか、お聞きしてみました。

また自民党はどんな風にかわったのか、

すっかり貫録をつけた当選7回の議員として、
若い議員さんたちに、何を教えたいか、

など、伺ってみました。

明日、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

政治家として、女性として

私が、3月18日付「夕刊フジ」に書いた
福島原発のレポートを、

高市早苗自民党政調会長が読んでくださり、

現地での東電社員・作業員の労働状況改善のために、
現状把握と改善策作成を、

関係部署に即指示してくださったとのこと。

ジャーナリスト冥利につきます!

そして、即対応してくださり、
それを手書きのファックスでお知らせくださった
高市早苗さんは、
政治家として尊敬します。

政権与党の政調会長がどれほど忙しいか、
食事をとるひまもないほどの毎日なのに、
いつも女らしいやさしい手書きの文書でおしらせくださるのです。

そんな細やかな心配りができることは
女性としても尊敬します。

せっかくの京都なのに

d0339894_10560036.jpg


京都神社本庁総代会総会で、「日本人と教育」という演題で
講演をしてきました。


d0339894_10560070.jpg





約600人の総代の方々が聴衆ですから、
その迫力に圧倒されました。

しかも、私より若い方、いらっしゃるのかなという年齢層に向けて、

「教育問題」を語るのはおこがましい限りですが、

これまでの経験からくる知識、主張を
「のびのびと」お話させていただきました。

1時間半、お付き合いいただきました皆様に
感謝申し上げます。

それにしても、桜も開花した京都を、
駅構内から一歩もでずにとんぼ返りなんて!

今度は、「オトナ京都」で
京都の景色や味覚を楽しみに行きたいと思います。

京都のみなさま、またぜひ呼んでください!

防衛のスペシャリスト

明日の「細川珠生のモーニングトーク」、

ゲストは、元航空幕僚長の田母神俊雄さんです。

d0339894_10560069.jpg


都知事選で政党の支援を受けることなく61万票を獲得した
田母神さん。

都知事選を戦った思いと、
今後の活動をお聞きするのはもちろんですが、

やはり元航空幕僚長ですから、日本の防衛、安全保障についても
どこをどうすればよいのか、
お聞きしました。

集団的自衛権をどう認めるのか、
憲法の解釈でよいのか、憲法改正が必要かという議論が
国会でも盛んに行われるようになりましたが、

それにとどまらず、「独立国としての防衛」は
どうあるべきかという根本のお話をお伺いします。

明日、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

福島第一発電所リポート

d0339894_10560028.jpg



昨日の発売の「夕刊フジ」(本日付)に
先日の福島原発視察のリポートが掲載されました。

下記、URLからアクセスし、ぜひ読んでみてください!

「福島原発発 社員・作業員らの劣悪環境」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140317/dms1403171821018-n1.htm

エネルギー政策の基本を考える

d0339894_10560078.jpg


明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは


財務大臣、元防衛庁長官、経済担当大臣、元自民党政調会長などを務められた
衆議院議員の額賀福志郎さんです。

額賀さんには、エネルギー政策を考えるための基本について
お話を伺いました。

東日本大震災による福島原発の事故後、
原子力発電をどうしていくかということについて
国民の考えは様々です。

その一方、政府は新たな「エネルギー基本計画」で
原子力発電を「ベースロード電源」と位置付けました。

言葉の使い方はともかく、
資源のない、しかしこれからも経済発展を目指していく日本にとって
エネルギー政策をどう考えていく必要があるのか、
その「基本」を伺います。

また、再生エネルギーをもっと普及させるためには、
どのような施策を国はとっていくのかについても
伺います。

さすが、額賀派を率いるベテラン議員!

当選10回、政府・党の様々な要職を務めて来られた
額賀さんの堂々としたお話は説得力があります。

明日、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

教育の’本丸’

d0339894_10560125.jpg



明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

先週に引き続き、明星大学教授の高橋 史朗先生です。

明日は、教育の’本丸’である
「家庭教育」についてお話いただきます。

家庭の教育力の低下が問題となって久しくなりましたが、

いまや、低下した教育力が当たり前になりつつある状況です。


しかし、色々な家庭に触れれば触れるほど、
「一つの方向」や「一つの道」を示していくことも
かなり困難だと感じています。

そこで、高橋先生に、家庭教育を施策として、
またさらに、それを国を挙げて行うには
どうしたらいいのか、先生のお考えをお聞きしました。

現役子育て世代にとっても、そうでない方たちにとっても、
大きな参考になると思います。

明日、朝7時5分から、
ラジオ日本で放送です!

「教育委員の経験から願うこと」

本日の産経新聞7面、「解答乱麻」という欄に

コラムを書きました。

今、与党内での議論真っ只中の教育委員制度改革についての
私の意見です。

「教育委員の経験から願うこと」

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140301/edc14030112130000-n1.htm

ぜひアクセスして読んでみてください!

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa