<   2014年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

発達でこぼこ

d0339894_10560136.jpg


明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」、
ゲストは、明星大学教授の高橋史朗先生です。

高橋先生は、教育をご専門としていますが、
中でも、発達障害に対する教育については、
施策として埼玉県で取り入れられるなど、
積極的な研究や活動をされています。

発達障害、つまり特別支援を必要とする児童の数は、
文部科学省の調査では
ここ10年以上、6~7%と発表されていますが、

他の団体等の調査では、軒並み15%前後という結果も出ています。

30人学級であれば、4、5人の児童は、
程度に差はありますが、
その要素を持っているかもしれないと考えると、

学校現場では
これまでの学級経営では抱えることのなかった問題に
対処していかなければならないのです。

まずは、「発達障害」というそのものへの、
公平な理解のためには、
すべての親が知識を持ち、認識することがとても重要です。

また保育士、幼稚園教諭、そして小学校教員への教育も、
当然のことながら必要です。

「発達障害」ではなく、「発達でこぼこ」と考えるべきという高橋先生は、

それをどのような仕組(制度)として導入されたのか、
埼玉県の例や先生のお考えをお聴きします。

明日、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

福島第一原発を視察して

今週の月曜日、福島第一原子力発電所を視察してきました。

私は6年前、つまり震災前に、第二原発の方は視察に行っていましたが、
第一の方は初めてであり、また
震災後としても初めての視察でした。

現地の方々や何度か視察に入られている方々にとっては、
各号機の様子も、原発の敷地内も、ずいぶんと状況はよくなったという
感想をおもちでしたが、

初めて訪れる私にとっては、すべてが衝撃的であったのです。
また第二ではありましたが、
以前に原発施設に入ったときのことを思い出すと、
「雰囲気」の違いはあまりに歴然でした。

ただ、一番印象に残っていることは、
作業をする人たちの様子です。

汚染水漏れがあった、停電があったなど、
作業の不具合ばかりが報道されますが、

浅田真央選手ではないけれど、
だれもミスをしようと思ってやっているのではない
という言葉がぴったりのように、

とにかく、事故後の処理、廃炉に向けての
一つ一つの作業に、懸命に取り組んでいるということです。
それこそ、世界に例のない作業ですから、
専門の英知を集めても、なお手探りで進めるような
工程ばかりです。

原子炉を冷やし続けながら、汚染水を取り出し、
そこから放射性物質を除去し、
きれいな水はまた冷却に使用したりという一つの作業。

一方で、自然現象で発生する地下水を、原子炉に流れこなまよう、
途中でくみ上げる井戸を掘るという作業。

原子炉建屋のがれきを取り出すという作業。
それも高線量の建屋には人が入れないため、
重機を遠隔操作で動かすという作業。

核燃料をプールから取り出し、容器に密閉して運びだす作業。

がれきや、タンク置場確保のために伐採した樹木、
また年間160万枚に上るマスクや防護服、手袋などの
「廃棄物」の処理のための焼却炉の建設

などなど、相当量の作業を、現在は毎日4000人の作業員で
一斉に行っているのです。

放射性物質は目に見えないものであるだけに、
結果は、その作業工程を一つも間違えることなく、
正しく行うことでしか得られません。

となると、どれだけの神経を使うか、それだけでも
彼らの重圧は相当のものであると思います。

また、作業員の休憩場所も、ようやくもうすぐできるという状況で、
今までは、まさに「息つく暇もない」状況であったのです。


もちろん、だからと言って、ミスが許されるわけではありません。
15万人の避難者、1500人以上の震災関連死を考えると、
大きな責任があることも事実です。

しかし、一方で原発の処理、
同時に福島の復興に取り組む
東京電力、並びに多数の企業の方々は、
懸命に取り組んでいることを、
もっともっと多くに方が心に留める必要があると
実感しました。

震災・事故からもうすぐ三年。
バスの中からの視察であれば、
頑丈な防護服の着用はもう必要ありません。
ここまで線量を軽減できたのも、
現地で働くすべての方々の努力のたまものです。


またこの視察のリポートは、
他のメディアも使いながら、
発信して行きたいと思っています。

気になる日韓関係

明日、2月22日は、「竹島の日」。

1905年に、明治政府が竹島を島根県下に置くことを
世界に向けて告示した日のがこの日で、

2005年にそれから100年を迎えたことを記念して、
島根県が「竹島の日」と条例で定めました。

アメリカ各地で、従軍慰安婦像がたてられたり、

アメリカの州議会で、日本海を、
韓国が望む「東海(トンヘ)」と地図に併記することが決められたり、

日本にとって、悩ましい問題が色々と横たわっている日韓関係。

事務レベルでの会談は始まりましたが、
首脳会談はなかなか行われません。

お隣の国でありながら、なかなか理解が難しい韓国とは
どういう国なのか、

また今の日韓関係を改善するにはどうしたらいいのかー

私の明日のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」では

在日韓国人で日本人に帰化した
首都大学東京特任教授の
鄭 大均(てい たいきん)さんをゲストに迎え、
お聞きします。

朴槿恵大統領のパーソナリティについては、かなり興味深いです。

明日、2月22日(土)、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です!

’自然’とも闘う働く母

d0339894_10560157.jpg


大雪明けの昨日、
私の日本舞踊の師匠・岩井友見岩井流宗家が出演する
「第57回日本舞踊協会公演」を観に、
国立劇場大劇場に行きました。

その前に、行きつけの表参道の美容院によりましたが、

表参道も、国立劇場の周囲も、
都内あちらこちら、いつもより、人も車も極端に少なかったように思います。

ところで、金曜日は、子供の学校も三時間授業で早帰りとなりましたが、
大雪、台風などで、学校が急に休みになったり、
金曜日のように早帰りになるたびに、

仕事との調整に骨をおります。

今の時期は、それに加え、インフルエンザで学級閉鎖になった時なども、

学校へ行ったと思ったら帰ってくる。

学校があると思って仕事を入れていると、
急な子供の帰宅に、大慌てです。

子供が熱をだし、学校を休むことになった時も、
必然的に、母親は仕事を休まないといけないでしょう。

子供の予定に合わせながら仕事ができる(はず)と思って、
「フリーランス」を選んだ私は、
逆に、ラジオの収録や講演など、子供が体調不良になったからといって
休むことができない仕事ばかりが入っており、

心を鬼にして、仕事へ行ったことも何度もあります。

夏休みなどの長期休暇は、子供の合宿やキャンプなどを利用して集中的に仕事をする。

そのやりくりは大変ではありますが、子供との時間はたっぷりとれるので、
やはり総合的にはフリーランスでよかったとも感じています。

勤務仕事をしているお母さんたちは、
いつも、「夏休みが課題」といいます。

学童も、低学年までしか利用できないし、
そもそも日ごろ利用していない人まで受け入れる余裕もない昨今。
結局は、家に子供だけを残し仕事に出かける。
でも、やっぱりせいぜい半日が限度、といいます。

夏休みのほとんどを、仮に半日だけとはいえ、
子供は一人で家に残されている。
宿題や自主勉強をしても、あとは、せいぜい相手はゲーム。
ゲームしているくらいならと、要不要を問わず塾で過ごす子供もいます。

女性が社会で活躍するために、待機児童の解消を加速化させる
現政権。また、新都知事。

しかし、就学前の待機児童だけを解消しても、
そのあと、就学後の子供たちの行き場がないのが実情です。

夏休みだけ半日というわけいにもいかないことを考えると、
フルタイムも正規雇用も難しいといいます。

長期休暇のみならず、台風や大雪でも、
母親が家にいないと、子供は行き場を失うのです。

むしろ、人間形成の基礎を作る大事な時期である就学前は、
親がしっかりと我が子を育て、
色々な意味で、子供を自立させられる時期になったら
母親も社会で活躍できるような「支援」をすることの方が、
母親にとっても、社会全体にとっても、
価値のあることだと思います。


経済的な理由などでその必要性がどうしてもある人は別ですが、
自分の「生き甲斐」などという理由だけで
仕事を優先することがいいことなのか、
女性ももっと考える必要があるでしょう。

完成!「私たちの道徳」

d0339894_10560258.jpg


昨日、下村文部科学大臣の記者会見でも発表されたように、

来年度(今年4月)から使用する道徳の授業のための教材

「私たちの道徳」(小学校1・2年生用、3・4年生用、5・6年生用、中学生用)

が公表されました。

現在使用している「心のノート」の全面改定版です。

これは、私も委員として参加をしていた
「道徳教育の充実のための有識者懇談会」の下に設置された
作業チームにより草案をまとめ、

私たち懇談会の委員の意見も参考に修正をし、
完成したものです。

有識者懇談会で、「心のノート」を目にしたとき、
実は、私は「唖然」としてしまったのです。

視覚に訴えるといえばそれまでですが、
必要以上にカラフルで、縦表記・横表記が無原則に入交り、

「情報教育」を学ぶところに掲載されている携帯電話の写真は
アンテナが伸びているなど、

この「心のノート」を見るだけで、道徳教育が軽視されてきたということが
一目瞭然といっても過言ではないほどです。

「心のノート」も「私たちの道徳」も、
道徳の授業が現在教科となってはいないため、
あくまでも副教材であり、使用するも使用しないも、
各学校の判断になります。

しかし、せっかく作るのですから(費用は9億8千万円、文科省発表)
できるだけ活用してもらえるような、内容も作りも使い勝手のよいものに
する必要があると思ってきました。

報道にもあるように、今回の全面改訂では、
①読み物教材を増やす
②偉人伝や世界で活躍する日本人の話なども取り入れる
③家庭で親と一緒に活用できるものにもする

ということが大きな方針でしたが、
・必要以上にカラフルにしたり、「ビラ」のような誇張しすぎる表記はやめる
・書き込みの箇所は、教材を広げたときに、書き込みやすい方のページにする

など、細かいところにも注意しながら、私もいくつかの意見を送付し、
反映していただきました。

何より、教える教員、あるいは親の能力や姿勢がかなり問われる道徳教育ですが、
「心のノート」に比べると数段に「使える」教材になったと
私も思っています。

ぜひ、道徳教育の充実のための一助となるよう、
活用してほしいと思っています。

公明党の’エース’

d0339894_10560270.jpg



教育改革は安倍政権の政策の柱の一つですが、
その具体策としての「教育委員会制度改革」は、

「いじめ問題への対応」「道徳教育の充実」に
続き、今、最もホットなテーマとなっています。

そこで、私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」の今週のゲストは、

公明党幹事長代理の高木陽介さんです。

過日、東京都知事選を、公明党の東京本部代表として勝利に大きく貢献された高木さんですが、

今回は「教育委員会制度」に特化してお話を伺いました。

なぜなら、全うな教育委員制度改革のためには、
今、公明党が掲げる方向性で進めることが
妥当であるからです。

元教育委員の私といたしましては、
ここが公明党の勝負時、と大きく期待しています。


教育委員会制度改革のポイントは

①教育委員会を、現行の首長から独立した執行機関として残すのか、
 あるいは首長の下にに置き、首長のコントロールによって教育行政を行うのか。


②現行は、5人の教育委員の中から互選の「教育委員長」と、この教育委員長を含めた5人が大方の事務を委任する常勤の「教育長」と、二人の「長」がいるが、一体、教育行政の責任者はだれなのか。

の2点に集約されると思います。

自民党、並びに安倍内閣の方向性は、
①については首長のコントロール下に置く。
②については、首長が、教育長に対して任免権を持ち、教育長を責任者とする。

ということでしたが、

これに対し、公明党は
①については、首長の政治的影響力を排除するために現行のまま、独立した執行機関として残す。
②については、「教育委員長」と「教育長」を統合したような新たな「代表教育委員」のようなポストを新設し、このポストについては、首長が直接任免できる

とするのがよいと考えています。

長くなるので、また改めて教育委員会制度については
このブログで書きたいと思いますが、
ひとまず、私は、方向性としては公明党案に賛成です。

公明党がこの考えに至った経緯、
また教育というのもを、そもそもどのように考えているか、

公明党のエース・高木さんに伺いました。

明日、15日(土)朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

都知事選・コメント掲載

d0339894_10560285.jpg



今日2月10日、産経新聞朝刊 社会面26面に
昨日の都知事選開票結果を受けて
コメントが掲載されています。



【都知事選】
「福祉には早急な成果を」「堅実な実務を」 有識者談話
2014.2.10 00:25 [東京都知事選]


 政治ジャーナリストの細川珠生(たまお)さん(45)「舛添氏が支持を集めたのは、脱原発など単一の主張ではなく、幅広い政策を訴え、有権者に安定感と安心感を与えたためだろう。舛添氏は福祉を旗印としたが、子育てや介護など身近で切実な問題だけに早急な成果が求められる。たとえば、待機児童解消は一定の成果がなければ、都民は『ちゃんとやっている』と認めないだろう」

フィギュアスケート on  クラシック

d0339894_10560240.jpg


親戚の服部百音ちゃんが出演するコンサートが
東京芸術劇場で開かれたので、
大雪の中、いそいそと出かけていきました。

このコンサート、
テレビ朝日開局55周年記念として
6日間で23公演が行われる
「なんでも!クラシック2014」
の一つ、

「フィギュアスケート ON クラシック」として、
フィギュアスケートで使用されてきたクラッシック音楽の数々が
演奏されました。

百音ちゃんは、メンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 第一楽章」と
パガニーニの「奇想曲第24番」
の二曲を演奏しました。

このパガニーニの曲は、高い技術力がいるそうですが、
それを見事に演奏する百音ちゃんに
ただただ、感動しながら聞いていました。

「なんでもクラシック2014」は11日(祝)まで
池袋の東京芸術劇場で開かれています。

北方領土の日

今日、2月7日は「北方領土の日」。

日本とロシアは、1855年2月7日に結ばれた「日魯通好条約」(通称・下田条約」)により、
本格的な交流が始まりました。

この時に、日本とロシアの国境線を、
北方領土の「択捉島」と「ウルップ島」の間と確定しました。

日本政府は、終戦直後からロシア(当時はソヴィエト)に不法に占拠されている
北方領土について、この日を「北方領土の日」と定め、
政府主催の「北方領土返還要求全国大会」を開催しています。

そこで、明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、
衆議院議員の中川郁子(ゆうこ)さんです。

中川さんは、昨年9月に、北方領土交流事業に参加され、
北海道の教育関係者、中学生、高校生と共に、
国後島に3泊滞在。

現状の国後島の様子、日露の子供たちの交わりの中で、
北方領土返還に向けて感じられたことを
お話いただきました。

中川郁子さんは、故・中川昭一さんの奥様として、
これまでも政治活動を支え、北方領土返還運動にも関わられてきましたが、

ご自分が政治家となって感じることは、また違うとおっしゃいます。

「全国大会」へ出席して、すぐにソチへ向けて離日した安倍総理の心中には、
もちろん、この北方領土問題が大きく存在していることは間違いありません。

オリンピックでの日本人選手の活躍を応援する思いと同じぐらい、
日本の主権が侵されている北方領土問題が平和のうちに解決できるよう、
ロシアとの「いい関係」ができることを

国民の一人として、心から願っています。

明日、2月8日(土)朝7時5分から、ラジオ日本で放送です!

岩井聖珠としての活動

d0339894_10560392.jpg


訳あって、5か月ほど休んでいましたが、
昨日から、また日本舞踊のお稽古を再開しました。

私は日舞の「芸歴」(?)43年、師範の免状を持っています。

芸名は「岩井聖珠(せいじゅ)」。

ただ、師範とはいえ、お弟子さんを持ち、先生業をしているわけではありません。

岩井流宗家・岩井友見の弟子として、お稽古を重ねる日々です。

でも、いつか、教えてみたいと思っています。
本格的に弟子入りしなくても、
「体験」のようなものでも構いません。

日本文化に触れる、実際に踊ってみる、
そんなことに興味があれば、
いつでもお教えいたします!

待ち遠しい「春」に合わせ、「さくらさくら」「さくら変奏曲」をおさらいしていますので、
宴会の余興などの機会があれば、
それにも参上したいと思っています!

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa