<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

与党になる?!

d0339894_10560895.jpg


明日の「細川珠生のモーニングトーク」、ゲストは
参議院議員で、みんなの党 最高顧問の江口克彦さんです。

特定秘密保護法案について、
与党自民・公明党と修正協議を行い、
衆議院では法案に賛成した みんなの党。

もしかしたら、今後も与党に”協力”し、
来年の通常国会では連立を組むということもあるのでは・・・
ということも聞いてみました。

特に安倍政権が必ずや取り組むであろう憲法改正や
集団的自衛権の容認などの国の根幹である政策において、
自民党が連立を組む相手が、別の考えではマズイはずです。

さて、江口さんのお答は{%はてなwebry%}{%はてなwebry%}

11月30日(土)、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

ちなみに、後ろの写真は、江口さんが秘書としてお仕えした松下幸之助さんと
若かりしころの?江口さんです。

富士スピードウェイ

d0339894_10560820.jpg


私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」、明日のゲストは、
富士スピードウェイ株式会社 代表取締役社長の堤健吾さん です。

この週末、23日と24日に、富士スピードウェイでは、
「FUJI SPRINT CUP 2013」が行われます。

このレースでは、SUPER GTとSUPER FORMULAのレースを
同時に行うことや、

さらに、SUPER GTについては、GT300とGT500と別々に行うことや、

そして100㎞の「短距離走」であることなど、

通常のモーターレースとは違う楽しさや魅力をお話いただきます。

また、モーターレースって、車好きの人だけの楽しみではなく、
本当は私たちの生活にも結び付く、とっても大事な機会であることや、

車そのものの魅力

などについても、お話いただきます。

モーターレースと、普段はあまり接点のない人にも、
とても興味深いお話だと思います。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

ぜひ、聴いてみてくださいね{%びっくり2webry%}

意気投合

d0339894_10560834.jpg


「Her Story」11月号で、ソフィアバンク代表の藤沢久美さんとの対談しました。
テーマは、
「日本らしい男女平等のあり方を考える」。

たくさんの女性の起業をバックアップしてきた藤沢さん。
ご自身も20代で起業し、
本業の傍ら、政府や自治体の委員などもたくさん務められていて、
まさにバリバリのキャリアをお持ちなのに・・・

決して、男性に対抗しよう、勝とうなどという発想ではなく、
むしろ、「サポート」こそ、女性特有の能力という考えを持ちながら
築いてこられたキャリアにとても好感が持てました。



女性だからこそ、女性ならではの視点で活躍できる場を見つけて、
自分のキャリアを築いていくべきー

すっかり意気投合してしまった私たちの対談でした。

特定秘密保護法案

d0339894_10560944.jpg


毎週土曜日、朝7時5分から ラジオ日本で放送の「細川珠生のモーニングトーク」、
第953回目の放送の明日のゲストは、
衆議院議員の渡辺周さんです。

衆議院国家安全保障特別委員会に委員として、連日、「特定秘密保護法案」の問題点を指摘している渡辺さんから、

一番の問題点とは何か、

また「国家の重大な秘密」について、どのような法整備と運用指針か必要かを伺います。

道徳教育

今週月曜日、文科省の「道徳教育の充実に関する懇談会」の第9回の会議が開かれました。

私も4月からこの会議の委員の一人で、全会議に出席してきました。
年内に道徳教育を「どう充実させるか」の報告書をまとめるとのことで、
議論も大詰めです。

道徳の授業を「教科」にするということが一つの選択肢として議論してきたのですが、
先の会議で、おおむね「特別な教科」という枠組みで教科化する方向性がまとまってきた
ところです。

d0339894_10560920.jpg


教科と教科でないことには何の違いがあるのか、
一般的には理解されていないですよね。

・教科書があるかどうか、
・評価(成績)をつけるかどうか
・専任の教員免許があるかどうか

というのが、おおざっぱには教科の条件になります。

これまでの議論では、評価については記述式がよいのではないか、
教科書は、ほかの教科同様、民間の教科書会社が作成し、文科省の検定を通ったものののなかから採択を行う、という意見が多数を占めています。

しかし、免許については、議論が尽くしているとはいいがたい状況です。

現在年間35時間という授業字数は適正か、
小・中学校の道徳のみならず、幼稚園、高校はどうするか

ということについても、議論しきれていません。

また、学校教育方施行規則第50条等にある、
「宗教をもって道徳に代えることができる」という現行制度については、
今後も継続できる見込みです。

えり子女史の式年遷宮

d0339894_10560960.jpg


「細川珠生のモーニングトーク」第952回目の放送である、
明日のゲストは、参議院議員 自民党政審会長の山谷えり子さん。

テーマは、「伊勢神宮の式年遷宮」についてです。

伊勢神宮の式年遷宮の年にあたる今年は、
様々な行事が行われていますが、
そのクライマックスともいえる「遷御の儀」と「奉幣の儀」に参列された
えり子さんから、

1300年も続く、この伝統行事の意味と、
これを伝承していくためには
どのようなことが必要か、お話を伺いました。

宇宙学校

d0339894_10560938.jpg


東京大学駒場キャンパスで行われた、JAXA主催の「宇宙学校・東京」に参加してきました。

小学校4年生から中学生を主な対象としているこのプログラム、
しかし「宇宙好き」「科学好き」の大人も多数。
総勢600名以上の参加で大盛況でした。

赤外線で宇宙を見る
小惑星を調べる「はやぶさ2号」や「ソーラーセイル」
ロケットや衛星をいかに軽く丈夫に作るか
宇宙ステーションと宇宙実験

という半日がかりの「授業」も、科学が苦手な私にとっても、
あっという間に過ぎていくほど、若い研究者たちの興味深い授業に、
感動してしまうほどでした。

d0339894_10561043.jpg


何より、驚いたのは、こんなにも「宇宙好き」の少年少女がいたのかということ!
そして彼らの質問のレベルの高いこと!
日本の科学の未来は、決して悲観するものではありません。

それには、少年少女たちの純粋な「興味・関心」を、
周囲の大人や社会がいかに伸ばしていくかということ、
言い換えれば、決してつぶすことのないような
教育のしくみ、社会のしくみが必要だということです。

951回

d0339894_10561018.jpg


先週、950回目の放送だった私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」、
951回目となる明日の放送は、先週に引き続き、
ゲストに作家の曽野綾子さんをお迎えして、
「成熟した人間となるために」の第二弾としてお送りいたします。

人間として成熟することー

これは一生をかけても、そうなれるかどうかという
高く、難しい、人生の目標ですね。

でも、年相応に、きちんとした大人になりたい、
私はいつもそう思っています。

それが「成熟」に一歩でも近づくことになれば、と思うのです。

曽野さんのお話から、そうなるためのヒントが
いくつもお聞きできると思います!

11月2日㈯ 朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa