<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「くれない族」からの脱却

小泉内閣の文部科学大臣で、現在、パナソニック教育財団理事長の遠山敦子さんと
対談してきました。

遠山さんは、文部省の女性上級職国家公務員第一号として入省後、文化庁長官を最後に退官されるまでの34年間、数々の「女性初」のポストを歴任。退官後は、トルコ大使、国立西洋美術館長などを務められた後、小泉内閣で文部科学大臣に就任されました。

大臣時代には、「学びのすすめ」という大臣アピールを公表。
これは、いわゆる「ゆとり教育からの脱却」の方向性を打ち出すものでした。
大臣就任の翌年に始まった「ゆとり教育」。それを就任直後に「軌道修正」する
意見表明。

そしてこれが、平成23年度から新学習指導要領によって授業時数1割増の「脱ゆとり」が
始まったことにつながるのです。つまり、遠山大臣なくして、「脱ゆとり」もなしだったわけです。

「脱却」ということで、もう一つ。
遠山さんのご著書「来し方の記」の中での述べられていますが、
「くれない族」からの脱却をされた、とか。

これだけのキャリアを積みながら、一児の母として、育児と仕事との両立に悩むとき、
「どうして、(周囲は)何も『してくれないの』?」「なぜ、わかって『くれないの』?」ではなく、

自分は人に何を「してあげられるか」

ということに発想を転換したら、とても楽になったということ。

遠山さんと私とでは、あまりにも能力にもキャリアにも差がありますが、
育児と仕事の両立に悩む「仕事人」としては、素敵な大先輩から
大きなヒントをもらったような気がします。

赤線を引いて

d0339894_10561190.jpg


ここ1か月に読んだ本です。
1か月で5冊は、そう多いペースではありませんが、今の私の日常では精いっぱいの量。

読む本の大半は仕事にかかわるもので、なかなか好きな小説が読めませんが、
どんなジャンルの本を、どんな目的で読むとして、本は絶対に読んだ方がいいと思っています。

明日の私のラジオ番組の950回目の放送では、作家の曽野綾子さんがゲストですが、
「成熟した人間」になるにも、「まず本を読むこと」とおっしゃっていました。
そして「赤線を引く」と。

私も以前から、本であれ、資料であれ、新聞であれ、赤線を引きながら読むクセがありましたが、それは父が読み終わった新聞にいつも赤線が引いてあって、
仕事を始めた当初、その赤い部分だけを必死に読んでいたという経験から、
私もそのクセがついたのだと思います。

ちなみに今は、元文部科学大臣の遠山敦子さんの自叙伝「来し方の記」と
押谷由夫氏、貝塚茂樹氏他4名の共著による「道徳の時代がきた!」
の2冊を読んでいます。

10周年

私が非常勤講師を務める星槎大学が10周年を迎えました。

私は開学以来、「現代政治論」を教えています。

先日、10周年祝賀会があり、安倍総理からもメッセージが届きました。
d0339894_10561184.jpg


星槎グループ創設者 宮澤会長がおっしゃている、
「社会が必要としている教育」を、
私も講師の一人として頑張っていきたいと思っています。

950回!


950回目の放送です。

私が1995年9月2日に始めたラジオ番組、
今週26日㈯に、950回目の放送を迎えます{%クラッカーwebry%}

ナント、19年目なんです。
ここまで続けることができて本当に幸せです。

昨日の産経新聞に、番組の記事が掲載されました。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131022/ent13102208270002-n1.htm


950回目の放送のゲストは、作家の曽野綾子さん。
敬愛する母校の大先輩でもあります。

「細川珠生のモーニングトーク」
毎週土曜日、朝7時5分からラジオ日本で放送中です。

これからもよろしくお願いいたします{%びっくり1webry%}

はじめまして

はじめまして{%キラキラwebry%}

今日からブログを始めます。もう、ドキドキです{%ハート2webry%}

私は「政治ジャーナリスト」というちょっと堅め(強面?)の仕事をしています。
政治家にインタビューしたり、行政を取材したり・・。

それを新聞や雑誌で書いて伝え、ラジオや講演などでしゃべって伝え、
というのが私の仕事です。

また行政の色々な委員会や審議会などに委員として出席することもあります。

首都高速の再生をどうするか、自転車の走行ルールはどうするか、
航空行政どうするか、

とか、今は、文部科学省で「道徳教育の在り方に関する懇談会」というものにも
出ています。

政治や行政のフィールドは、私たちの生活に大きくかかわる様々な制度が作られています。

結構知らないうちに、こんなきまりができてた!とか、変わってた!と、
ときには腹立たしさと共に、気づくときがありませんか?

報道で知りうることは、ほんのわずか。
本当は、私たちの生活に大きくかかわることが
いーっぱい、いーっぱい決まっているのです。そう、国会の場で。

私の活動をお知らして、書いたものやお話したことの中からでも、

そんなことを少しでも知りうる機会にしていただければと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします{%びっくり1webry%}

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa