カテゴリ:ラジオ( 135 )

日本の対応~イスラム国への空爆に対して

ISIL(イスラム国」のテロ計画が判明して、
緊張が一気に高まった国際情勢。

そこで、明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」では

評論家の宮崎正弘さんをお迎えして、

ISILとは?

イラクのみならずシリアへの空爆も始めたアメリカの思惑とは?

「有志連合」諸国、ヨーロッパ等諸国の思惑とは?

そして、日本はどうすべきか

などについて、お伺いしました。

宮崎さんの情報収集力と分析力、世界情勢のとらえ方は

世界地図を広げたように
縦に横に、色々な関係が絡み合うことが実感でき、
非常にわかりやすく、数いる評論家の中でも群をぬいています。

ぜひ、明日朝7時5分から、ラジオ日本で聞いてみてください!

次世代の党

明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」、

ゲストは、参議院議員で、次世代の党顧問の江口克彦さんです。

江口さんは、みんなの党の結党から参加し、、
同党最高顧問として、
みんなの党、そして所属の若い議員たちの指導役でもありました。

ところが昨年、みんなの党の「創業者」である渡辺喜美氏の
8億円借用問題で、

渡辺代表の辞任を迫り、

その責任をとって、浅尾代表という新しい代表と体制ができたことを
見届け、離党しました。

そして、次世代の党結党に参加。

この半年余、江口さんが政治家としてどのような思いを巡らせてこられたか、

今週結党大会を行った次世代の党が、何を目指しているのかを
お聞きしました。

野田前総理をはじめ、たくさんの政治家を排出した
松下政経塾に、

松下幸之助さんの秘書を長く務められたお立場から、
質のいい政治家を誕生・育成すべく、関わってこられました。

その江口さんのお話には、熱意と決意が感じられます。

明日、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

世界をリードする研究を



明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

第二次安倍改造内閣で文部科学副大臣に就任した

参議院議員の藤井基之さんです。

藤井副大臣は、東京大学薬学科を卒業後、当時の厚生省に入省。

省こそ違うものの、霞が関での仕事を
「古巣にもどったような感じ」と感想を漏らしているように、

「即戦力」が大いに期待できる副大臣です。

薬剤師でもある藤井氏は、
参議院議員になられてからも、
薬学部を世界のスタンダードである6年制にすることに尽力され、
実現されました。

今回の藤井副大臣のご担当は、

「科学技術」「研究開発」そして「文化」

日本が世界の研究をリードできるようになるためには、
また世界の研究者が日本での研究を望むようになるためには、

どんな環境づくりが必要か

また、日本が世界をリードする研究分野として
どこに力を入れていくべきか

などについて、お話を伺いました。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

第二次安倍改造内閣発足

今週、第二次安倍内閣が改造を行い、
18人の閣僚のうち、留任が6人、交代が12人の新しい

第二次安倍改造内閣が発足しました。

そこで、明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」は
やはり、この話題。

ゲストは政治評論家の屋山太郎さんです。

屋山さんとは、

「安倍総理、人事、うまいね」という意見で一致。

どんなことからそう思うのか、

ぜひ番組を聞いてみてください。

とはいえ、私自身は、「大丈夫?」と思う大臣も複数いて・・

まあ、お手並み拝見です。

明日、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です!

専業主婦から副大臣へ

今、政治の世界では
来週行われる内閣改造の話題で持ち切りではあるのですが、

現内閣でお付き合いした大臣、副大臣、政務官の中でも、

西川京子副大臣の女性政治家としての能力に
大きな尊敬の念を抱いてきました。

先週の私のラジオ番組では、家庭教育について西川副大臣にお話をお聞きしましたが、

明日の放送では、再び西川副大臣にご出演いただき、

西川副大臣のお人柄に迫る内容でお話をお聞きしたいと思っています。

西川副大臣は、大学卒業から1年でご結婚。
それから、ずっと専業主婦で、

国会議員に初当選されたのは、53歳。

それが、西川副大臣の、政治家としてというより、
ご自身のキャリアのスタートだったのです。

いつも、西川副大臣とお話をしていると、
母親としてのおおらかさ、温かさを感じます。

そんな西川副大臣は、

「お母さん、今日の晩御飯、何?」と

学校から帰ってきた子供が真っ先に言ったら、

「まずは母親として成功したと思って」と。

「専業主婦は、どんなことにもエキスパートになれる。
お料理でも、掃除でも、洗濯でも」

と。

私も、大きな勇気をもらいました!

明日、朝、7時5分からラジオ日本で放送です。
ぜひ、聞いてください!!

家庭教育支援の推進

d0339894_10554698.jpg


明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは

文部科学副大臣の西川京子さんです。

西川さんは、厚生労働副大臣時代も、
幼保一元化を実現したり

文部科学行政の中でも特に
家庭教育の充実(立て直し)に懸命に取り組まれています。

その西川副大臣に全国ではまだ2件の実績しかない、
熊本県と鹿児島県で制定された

「家庭教育支援条例」について、
その経緯と内容についてお話していただきます。

熊本県では、昨年4月に、鹿児島県では同年10月に制定されましたが、

家庭、特に親の責任をうたい、
社会全体が、子育てに責任を持つということを

具体的に示した条例です。

行政が家庭に首を突っ込むんじゃない!という
「反対」が多い各地において、

この条例制定は画期的であり、

またそれだけ、子供のことを真剣に考えているという
熊本と鹿児島の地域性に、
感心してしまいます。

ぜひ他の自治体でも、
この2例を、よくよく学び、
地域の実情にあった「家庭教育支援」の制度化を
期待したいと思います!

明日、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

終戦記念日

今日は、69回目の終戦記念日です。

そこで、明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

衆議院議員の松原仁さんです。

松原さんは、終戦記念日に靖国神社の参拝を欠かしません。

日本の総理大臣が靖国神社を参拝すると大騒ぎをする国がありますが、

靖国神社には、戊申戦争以後、国のために犠牲になったすべての人
(軍人のみならず、一般国民も)が
祀られています。

その数、246万余柱。

戦争責任のためにA級戦犯として処刑された人たちも祀られていることで、
国内外からも、戦犯を祀る神社にお参りすることへの
強烈な賛否があります。

しかし、A級戦犯を認定した極東軍事裁判(東京裁判)は、勝った国が負けた国を一方的にさばくという、アンフェアな裁判であったことからも、それをどう考えるかは、
今を生きる日本人として、とても大事なことです。

また、11人の裁判官のうち、唯一、「人道に対する罪」「平和に対する罪」において、
全員の無罪を主張した国際法学者がいます。

インドのラダ・ビノード・パール判事です。

松原さんとは、

日本人にとっての靖国神社と
そしてパール判事が無罪を主張した意義について、

お話いたします。

明日夜7時5分から、ラジオ日本で放送です。

遺骨収集と慰安婦報道

d0339894_10554952.jpg


朝日新聞で最初に韓国の慰安婦報道をしたのが、
昭和57年。

それから32年、誤ったこの報道のために、
日本人の、日本の尊厳が大きく傷つけられてきました。

ようやく、それを一部認めた朝日新聞は、
火曜日の紙面でそのことを報じました。

強制連行などなかった先の大戦中の慰安婦、
それを正そうと行動してきたジャーナリストも政治家も
実はとても多いのです。

その一人である、参議院議員の衛藤晟一さんに、
今週の私のラジオ番組にゲスト出演いただきます。

安倍総理大臣補佐官でもある衛藤さんは、

朝日の報道に端を発した慰安婦をめぐる日韓の問題、
そして平成5年の「官房長官談話」について、

衛藤さんの思いと、安倍総理の「心の内」についても、
お話しただきます。

また衛藤さんは、先の大戦で命を落とした人たちの遺骨収集にも、
熱心(必死)に取り組んでおられます。

しかしながら、ご遺骨があると思われる国であっても、
相手の事情から、収集作業の許可をいただけないなどの理由もあり、
まだ半分ほどの遺骨しか収集できていないのが現実です。

来年で、終戦から70年。
記憶が遠くのものになってしまわないように、

多くの犠牲の上に、今の私たちの生活があること、

それを常に心に留めておきたいと、衛藤さんのお話を伺って、
改めて思いました。

衛藤さんご出演の番組は、

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送の
「細川珠生のモーニングトーク」です。

暑さを乗り切るために

d0339894_10555077.jpg


どうもこのところ、この暑さにめっきり弱くなり、
夏になると、夏バテ気味の私・・・

そこで、今週の私のラジオ番組のゲストは、

東京有明医療大学 教授の 川嶋朗先生です。

川嶋先生はたくさんのご著書をお出しになっていますが、


「逆に病気を呼び込んでいる44の健康法」

というご著書の中で、
医学的根拠のないいわゆる「健康法」に警鐘を鳴らしています。

今回は、

その中のいくつかを取り上げ、
本当の意味で健康になってもらうための具体策を
お話いただきました。

ちなみに、夏バテしてしまう私は、
「胃が受け付けていないときに、無理に食べない」

持病の偏頭痛については、

「寒暖差を作らない」

ことを気を付けて、この夏を乗り切って

とのことでした。

夏痩せしないように頑張ります。

川嶋先生がご出演の「細川珠生のモーニングトーク」

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。

子供たちの夏休み

d0339894_10555039.jpg


夏休みが始まって約1週間。
暑さは堪えるものの、
子供の成長のために、
この長いお休みをどう過ごしていくか、

親としては色々と思い悩むところです。

そこで、今週の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

(株)日能研関東 代表取締役 小嶋 隆さん。

夏が勝負どころの一つである受験生を多数預かる日能研の社長から、

この夏休みに子供たちを伸ばすにはどうすごしたらいいのか

伺いました。

ついつい親としては忘れがちなことを
思い出させてくれるお話です。

また日能研では、
カンボジアの子供たちに教科書を送るという
活動もしています。

カンボジアの子供たちはどんな思いで
その教科書を手にとり、
勉強しているのか、

日本の子供たちにもぜひ知ってほしいと思います。

明日、明日7時5分からラジオ日本で放送です。

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa