カテゴリ:本( 1 )

赤線を引いて

d0339894_10561190.jpg


ここ1か月に読んだ本です。
1か月で5冊は、そう多いペースではありませんが、今の私の日常では精いっぱいの量。

読む本の大半は仕事にかかわるもので、なかなか好きな小説が読めませんが、
どんなジャンルの本を、どんな目的で読むとして、本は絶対に読んだ方がいいと思っています。

明日の私のラジオ番組の950回目の放送では、作家の曽野綾子さんがゲストですが、
「成熟した人間」になるにも、「まず本を読むこと」とおっしゃっていました。
そして「赤線を引く」と。

私も以前から、本であれ、資料であれ、新聞であれ、赤線を引きながら読むクセがありましたが、それは父が読み終わった新聞にいつも赤線が引いてあって、
仕事を始めた当初、その赤い部分だけを必死に読んでいたという経験から、
私もそのクセがついたのだと思います。

ちなみに今は、元文部科学大臣の遠山敦子さんの自叙伝「来し方の記」と
押谷由夫氏、貝塚茂樹氏他4名の共著による「道徳の時代がきた!」
の2冊を読んでいます。

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa