2017年 10月 05日 ( 1 )

総選挙5~選挙後の主導権


立憲民主党の本性現れたり。

昨年の参院選、都知事選以降、民進党の議員との話の中で

必ず出ていたのが、「共産党との連携はどうなの」ということでした。

私はいわゆる保守系の議員が共産党と組むなど、

「あり得ない」と伝えてきました。

「(共産との連携は)最悪」と言っていた議員も多くいました。

ならば「なぜ連携をやめないのか」と聞くと、

「みんな自分の選挙のことを考えるとできない」

という何とも情けない答えが続いていたのです。

そこで崖から飛び降りる覚悟で、離党したのが、長島昭久氏。

「無所属で戦っても勝てるだろうという見通しがたったから。ここまで来るのに2年かかった」

と言っていました。

批判に合いながらも、安保政策等、国の根幹にかかわることについては、

どんなことがあってもバラバラではいけない。

小池百合子氏だけでなく、民進党を離党し希望の党へ合流した

多くの議員が心底から思っていたことと、私は解釈しています。

希望の党へ合流せずに立憲民進党に所属することになった人たちは、

早速、社民・共産と連携をすると表明しました。

民進党は、これで理念本位で整理がついたのです。

今回の選挙は、
・自民・公明の連立政権
・希望の党・維新
・立憲民主・社民・共産の野党連合

という「三つどもえ」の構図が出来上がりました。

政治の緊張感や真剣な姿勢のためには、

健全な「二大政党制」が必要と私は思っています。

小池百合子氏の勢いに怖気づいているかのような自公政権も、

連携の足並みが崩れつつあるのでしょうか。

公明党は、選挙結果次第では、希望の党との連携の可能性に言及したとの報道もあります。

小池氏が自民党との連携をにおわせ、公明党は自分たちが切り捨てられるのではないとの

焦りがでてきたのでしょう。

自民党は、「安倍一強」に甘えてきたことも事実。

どの党も、結局自分たちがどれだけ主導権をとれるかを第一に考えるのです。

しかしながら、女性である私の目からは、

「これこそが、男社会の悪しき慣習」にも見えます。


ところで、

学校から帰ってきた息子が、

「ママ、公明党も、希望がゆきわたる国へ、だって」

と不思議がりながら、

公明党のポスターの写真をみせてくれました。
d0339894_08051716.jpg
「ほんとだ!」(私の感想)

それにしても、結局、みんな「小池頼み」だったということです。

民進党も、自ら、理念の整理ができず、

「小池百合子」という日本人離れした「オンナ」大将によって、

やっと「決められた」ということではないのでしょうか。

決められない民進党、

いえ、決められない男たち、

私にはそう見えます。



細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa