これが少子化対策?!

d0339894_17002305.jpg


明日の「細川珠生のモーニングトーク」は、民主党の衆議院議員の玉木雄一郎さんです。

今週、衆議院で今年度の総額約3兆5千億円の補正予算案が通り、現在参議院で審議中ですが、衆議院の予算委員会で鋭い質問をしたのが、玉木雄一郎さんでした。
「一億総活躍社会の実現に向けて緊急に実施すべき対策費」として、1兆1,646億円が計上されていますが、その中に「三世代同居・近居の推進」として、161億円の予算がくまれています。
三世代同居は出生率向上に有効だという考えから、少子化対策としてこの事業が検討されたようですが、実際はこの補助をうけるのに、三世代同居は要件とされていないということが、玉木さんの質問でわかりました。

つまり、少子化対策とはうたいながら、中身はそうとは思えないものになっています。

では、その内容は何なのか
なぜ、そのようないい加減な予算案が組まれ、さらには、簡単に衆議院を通過してしまったのか、
そして、どうしたらよいのか、
玉木さんにお聞きしました。

国家予算は、当初も補正も、財源は私たちの税金です。真面目に、しっかり考えて、予算を組んでもらわなければ困ります。

明日朝7時5分からラジオ日本で放送です!ぜひお聞きください。

<< 理事になりました 連載第四回 >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa