エネルギー政策の基本を考える

d0339894_10560078.jpg


明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは


財務大臣、元防衛庁長官、経済担当大臣、元自民党政調会長などを務められた
衆議院議員の額賀福志郎さんです。

額賀さんには、エネルギー政策を考えるための基本について
お話を伺いました。

東日本大震災による福島原発の事故後、
原子力発電をどうしていくかということについて
国民の考えは様々です。

その一方、政府は新たな「エネルギー基本計画」で
原子力発電を「ベースロード電源」と位置付けました。

言葉の使い方はともかく、
資源のない、しかしこれからも経済発展を目指していく日本にとって
エネルギー政策をどう考えていく必要があるのか、
その「基本」を伺います。

また、再生エネルギーをもっと普及させるためには、
どのような施策を国はとっていくのかについても
伺います。

さすが、額賀派を率いるベテラン議員!

当選10回、政府・党の様々な要職を務めて来られた
額賀さんの堂々としたお話は説得力があります。

明日、朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。
<< 福島第一発電所リポート 教育の’本丸’ >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa