集団的自衛権行使容認の次は

d0339894_10555264.jpg


明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、
日本維新の会の 山田宏さんです。

山田宏さんは、国会で「河野談話」についての追及をしてこられました。

「河野談話」

これは、1993年8月4日、宮澤政権の官房長官であった河野洋平氏が出した、
韓国との従軍慰安婦問題について、政府の調査をまとめたもの。

この中で、慰安婦の「強制性」と政府としての謝罪を認めた談話です。

しかし、この談話の作成過程には様々な問題が指摘されており、
また、アメリカにおける慰安婦像の建設など、
日本の「非」が過大宣伝されるような状態に置かれていることから、

山田氏は、談話の取り消しか、更なる「正しい」談話を求め、
追及をされてこられました。

その甲斐あって、作成当時の官房副長官であった石原信雄氏の参考人招致が実現、
そして、政府のもとに検証チームも作られました。

この検証チームによる検証結果の報告書が、先月20日に提出され、
その中でも、河野談話の作成過程の問題が多々指摘をされる結果となりました。

山田氏が、どのような思いから、この問題の追及をされてこられたのか、
今後はどうする必要があるかを
伺います。

また日本維新の会から分党して、
結党する「次世代の党」の中心メンバーとして、
分党に至る経緯と何を目指していかれるのかも

お聞きします。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。
<< 福島原発の今 700人もの被害者 >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa