専業主婦から副大臣へ

今、政治の世界では
来週行われる内閣改造の話題で持ち切りではあるのですが、

現内閣でお付き合いした大臣、副大臣、政務官の中でも、

西川京子副大臣の女性政治家としての能力に
大きな尊敬の念を抱いてきました。

先週の私のラジオ番組では、家庭教育について西川副大臣にお話をお聞きしましたが、

明日の放送では、再び西川副大臣にご出演いただき、

西川副大臣のお人柄に迫る内容でお話をお聞きしたいと思っています。

西川副大臣は、大学卒業から1年でご結婚。
それから、ずっと専業主婦で、

国会議員に初当選されたのは、53歳。

それが、西川副大臣の、政治家としてというより、
ご自身のキャリアのスタートだったのです。

いつも、西川副大臣とお話をしていると、
母親としてのおおらかさ、温かさを感じます。

そんな西川副大臣は、

「お母さん、今日の晩御飯、何?」と

学校から帰ってきた子供が真っ先に言ったら、

「まずは母親として成功したと思って」と。

「専業主婦は、どんなことにもエキスパートになれる。
お料理でも、掃除でも、洗濯でも」

と。

私も、大きな勇気をもらいました!

明日、朝、7時5分からラジオ日本で放送です。
ぜひ、聞いてください!!
<< 女性誌に掲載!「集団的自衛権」 【続】慰安婦報道について >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa