世界をリードする研究を



明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

第二次安倍改造内閣で文部科学副大臣に就任した

参議院議員の藤井基之さんです。

藤井副大臣は、東京大学薬学科を卒業後、当時の厚生省に入省。

省こそ違うものの、霞が関での仕事を
「古巣にもどったような感じ」と感想を漏らしているように、

「即戦力」が大いに期待できる副大臣です。

薬剤師でもある藤井氏は、
参議院議員になられてからも、
薬学部を世界のスタンダードである6年制にすることに尽力され、
実現されました。

今回の藤井副大臣のご担当は、

「科学技術」「研究開発」そして「文化」

日本が世界の研究をリードできるようになるためには、
また世界の研究者が日本での研究を望むようになるためには、

どんな環境づくりが必要か

また、日本が世界をリードする研究分野として
どこに力を入れていくべきか

などについて、お話を伺いました。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。
<< 次世代の党 ルーツをめぐる旅・その3 >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa