日本政府・派遣の意味

「細川珠生のモーニングトーク」、1002回目の放送である明日は、

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長の
西岡力さんをゲストにお招きして、

来週の日本政府担当者の平壌派遣について
お話を伺います。

北朝鮮の拉致問題特別調査委員会の調査の進捗状況を確認するために

日本政府が平壌への担当者の派遣を決めましたが、

賛否は分かれています。

安倍総理は、派遣の理由を

「拉致問題が重要課題であり、正直に誠実に対応しなければならないと
伝えることが目的」

と言っているように、拉致被害者の帰国に向けて
北朝鮮が必死に動いているとは思えない

というのは、日本人の多くが感じていることでしょう。

あらゆることが不安になりますが、

その中でも、政府が派遣を決めたのは何か、
北朝鮮はどのような対応をすると予測するか、

そもそも、この体制で本当に拉致被害者が帰国できる日がくるのか、

などについて、伺います。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。
<< スクーリング in 香川 浜岡原発から見る政治の怠慢 >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa