平壌訪問の真相

d0339894_10553852.jpg


1003回目の放送となる、明日のラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」、

ゲストに、参議院議員で、元拉致問題担当大臣の中山恭子さんをお迎えし、

今週行われた日朝協議について、
その真意をお聞きしました。

「拉致問題は最重要課題であるということを伝えた」

ことが、今回の平壌訪問の重要な理由の一つと
安倍総理や政府関係者から聞かれましたが、

「念押し」のために、そのようにしたのかと思いきや、

これは外務省の密かなる「軌道修正」であったことが
中山さんのお話から分かりました。

それ以外にも、現在の交渉の根拠ともなるストックホルム合意はもちろんのこと、
現在の交渉の日本側の体制そのものが問題であることが

中山さんのお話からよく理解できます。

拉致被害者が全員無事に帰国するためには、
私たち国民にもできることがあります。

明日の放送で、ぜひそれを聞いていただきたいと思います!

明日朝7時5分から、放送です。
<< 父の”キャリア”教育 航空自衛隊 >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa