政界の知恵袋の「学ぶ姿勢」

明日の「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

参議院議員で、次世代の党顧問の江口克彦さんです。

江口さんからは、シンガポールの国づくりのお話を伺います。

国を上げての目標をもつこと、

という、当たり前のようで、
今の日本にはなかなかできないことをやってきた
シンガポールのお話。

アベノミクスに「振り回されている感」のある日本で、
参考になることもあるような気がします。

それにしても、江口さんのお人柄、生きる姿勢には、
いつも尊敬の念をもって接しています。

江口さんは、

経営の神様・松下幸之助さんの秘書を長く務められ、
松下政経塾で、たくさんの政治家・経営者を育て、
PHP研究所の社長として、
多くの政策提言を行ってこられました。

現在は参議院議員というお立場にあられ、
まさに政界の知恵袋、といった存在。

「地方分権論」でいえば、江口さんを超える提言を行うかたもいないくらいですが、
江口さんいわく、
「自民党の一年生議員の中には、地方分権というもの自体を知らない人がいる」
というショッキングな現実も知り、

今年、中央大学大学院で博士号を取得されたというほどの
江口さんの「学ぶ」姿勢を、
若い政治家には見習ってほしいと痛感します。

明日、朝7時5分からラジオ日本で放送します。
ぜひお聞きください。
<< 種、収穫! 父の”キャリア”教育 >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa