解散・総選挙

突風の「解散風」が現実のものとなり、今日、衆議院が解散されました。

そこで、明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」のゲストは、

政治評論家の屋山太郎さんです。

屋山さんはこの選挙を、

「官僚主導の政治形態を終わらせるかどうかの重要な節目」

とおっしゃいます。

大義は?
争点は?

と、国民(有権者)は悩んでいるようですが、

大きな視点を持って、この解散・総選挙を考えて行く方がよいでしょう。

明日の朝7時5分から、
ラジオ日本で放送です!
<< 子どもの命を救うために 「地方分権」へ向けて >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa