永遠のテーマ

d0339894_10551812.jpg


「政治とおカネ」の問題がまた話題になっています。

予算委員会も、国の補助金を受けた企業・団体からの、
政党支部への献金について、

献金を受けた政党支部(政治家)側からは、

「補助金授受をしらなければ、違法性はない」

と言います。

確かに、現在の法律ではそうですが、

何かおかしいと思う国民心理があることも確か。

このままでは、政治不信が募る一方です。

そこで、今週の「細川珠生のモーニングトーク」では、

毎日新聞専門編集委員の 与良正男さんをお迎えして、

「政治とカネ」という≪永遠≫とも思われるテーマについて、

少しでも国民から信頼される、安心される制度にするには
どのようにしたらよいのかをお話しました。

政治資金規正法をより良いものにする政治の側の責任と合わせ、

国民が政治に何を期待するのか、

そこも大きなポイントです。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。
<< 地方議会を考える 年金の運用実態 >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa