地方議会を考える

d0339894_10551850.jpg


関西の号泣議員によって、

「地方議員って、3日に一度温泉に行けるんだ」と

思わぬ発見があったのも、もう一年も前のことになります。

本来、私たちの生活に身近でなければならない地方議会が、

ほとんど関心を持たれていないのには、

地方議会の在り方として、改善しなければならない問題点が

たくさんあるからです。

そこで、今週の「細川珠生のモーニングトーク」では、

「地方議会を変える国民会議」の発起人である

作家の堺屋太一さんをお迎えして、

どのようにしたら、地方議会のあるべき姿になるのかを

お話しました。

堺屋さんとお話ししながら、

ほっんとうに、たくさんの問題点があると感じますが、

まず、改善のポイントを3つに絞り、

堺屋さんとお話しています。

関心の低さが最大の問題である統一地方選は、

来月、4月12日と26日です。

その前に、有権者の責務として、ぜひ地方議会の在り方について、

考えてみてください。

明日朝7時5分から、ラジオ日本で放送です。
<< 18歳選挙権を考える 永遠のテーマ >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa