日本が取られないといけない安保体制とは

d0339894_10550496.jpg


昨年7月に、集団的自衛権の行使容認のための憲法解釈を閣議決定してから、

それを実効性のあるものにするための法整備が

この通常国会で行われる予定です。

そこで、明日の私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」では、

ゲストに元防衛副大臣の渡辺周さんをお迎えし、

政府与党が合意を目指す安保法整備のどこが問題なのかを

お話いただきます。

今月末の訪米で、オバマ大統領への手土産として

持参したい与党合意。

国民の認識や理解が深まるためには、

国会での丁寧で真剣が議論が必要です。

渡辺さんは、民主党の中でも、現実的に、常識的に

安保体制を構築したいと思っている議員のお一人。


国会での論戦にも期待をしたいと思っています。

まずは明日朝7時5分から、ラジオ日本でお聴きください。

問題点がよくわかると思います!
<< 大阪都構想の全国的意義 農林業の国際競争力 >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa